TTEditのすすめ  トップページへ
このTTEditは「安沢 勝昭」さんのシェアウェアです。
ホームページは http://www.interq.or.jp/www1/anzawa/ です。
製品概要
  • 和文及び欧文のTrueTypeフォントを作成することができます
  • 和文フォントの場合、JIS補助漢字を含む14,963文字の作成が可能です
  • プロポーショナルまたは固定幅のTrueTypeフォントを作成できます
  • ドローソフトと同様な操作で文字を作成することができます
  • 既存のTrueTypeフォントから文字をコピーして作成することもできます
  • ビットマップから輪郭を抽出して作成することも可能です
  • 「一括コピー」により、ファイル間でまとめて文字をコピーできます
  • プラグインフィルタを追加することにより、機能拡張が可能です
  • 外部プログラムからオートメーションにより制御できます
  • 外字エディタとしても利用できます


TTEditのダウンロード

以下のURLからダウンロードできます。

http://www.interq.or.jp/www1/anzawa/

「外字・TrueTypeフォント エディタ TTEdit」のWebサイトから
「TTEdit V****のダウンロード」を実行してください。
本製品はシェアウエアですが、1ヶ月試用することができます。

TTEditの起動

TTEditを起動すると「試用(T) 登録(R) ヘルプ(H)」の選択ダイアログがでますのでとりあえず「試用」を選択してください。
いろいろとフォントを作成してみて気に入ったら「登録」しましょう。


実際に使ってみよう
基本的な使い方はTTEditのマニュアルを見てもらうことにして
1.Illustratorで作成したオブジェクトをフォントにする。
2.「麗流隷書」をIllustratorで使えるようにしてみよう。



Illustratorで作成したオブジェクトをフォントにする。

 Illustratorで作成したオブジェクトをフォントにする方法は2つあります。

1. Illustrator で作成したオブジェクトをメニュー[ファイル]→[データ書き出し]を選択し、ファイルの種類で EMF を選択してから、ファイルを保存してください。
TTEditで[ファイル]→[インポート]→[拡張メタファイル]でIllustratorでデータ書き出ししたEMFファイルを選択する。
2. Illustrator で作成したオブジェクトを「コピー」する。TTEditで「貼り付け」する。

 ※今回は2の方法で「フリーダイヤル」のマークをフォントにしてみます。


【イラストレーター】での作業

1. フォントのマークが収まる範囲(実際の指定フォントサイズとなる範囲。仮想ボディ)の四角形(線)を作成します。実際には仮想ボディの四角形はフォントにはなりません(後で削除します)ので、分かりやすい色(サンプルでは赤)、任意の太さで構いません。
2. 仮想ボディの中に、フリーダイヤルのマークを作成します。
自分で作成できない場合は、EPS Data Free Down Loadの Communication からダウンロードさせてもらい、コピーしてサイズを調整しましょう。なお、EPS Data Free Down Load「ご利用上の注意」をよく読んでください。こちらのデータは StuffIt 形式で圧縮していますので、解凍には Stuffit Expander(フリーウェア)が必要です。
3. 仮想ボディの四角と作成したフリーダイヤルのマークのスクラッチエリア(作業可能な領域)をオーバーしない範囲でできるだけ拡大します。拡大した方が TTEdit に貼り込んだときに曲線部分の崩れが少ないようです。
4. 拡大した仮想ボディの四角とフリーダイヤルのマークを選択し、コピーする。

イラストレーターで作成するオブジェクトの注意点
●すべて「塗り」で作成します。
●線の「太さ」は反映されません。(線を使いたい場合は、パスのアウトラインを実行する。)
●カラーは使えません。(使ってもスミ(ブラック)になります。)

【TTEdit】の起動

1. ファイルTrueTypeフォントの新規作成を選択。
一度作成したフォントの修正やフォント文字の追加ファイル開くか、インストールしてある場合は ファイルインストール済みを開くでフォントを指定して開きます。
2. フォント種類の選択 作成するフォントの種類で欧文フォントを選択。和文フォント、シンボルフォントも作成できますが、今回はとりあえず欧文フォントで作成してみます。
3. 文字幅の選択 文字幅でプロポーショナルを選択。
4. フォントメトリクスの設定 とりあえず標準のまま。本来は組み合わせたいフォントに合わせて設定します。
5. 書体名の設定 書体名[英語用]著作権[英語用]バージョンを入力。
書体名はイラストレーター等で表示されるfont名として使われます。今回はとりあえず「FreeDial」と入力。
6. 「A」の編集画面が開きます。
編集貼り付けで、天地(上下)一杯に、仮想ボディの四角とフリーダイヤルのマークが貼り付けられます。

Illustrator でどんなサイズで作っても TTEdit には天地(上下)一杯に貼り込まれます。

※曲線の部分が崩れている場合、編集すべてを選択し、編集削除でオブジェクトを削除後、編集オプション編集オプション貼り付けのタグからTTEditからの貼り付け誤差を「(1%)」に変更してから、もう一度貼り付けて直してみて下さい。それでも崩れが生じる場合は手動で修正するしかありません。
7. 赤い四角が横ルーラー512のところまでがあります。これがフォントの幅となります。このままですと、フォント幅をマークがかなりオーバーしていますので、次に入力された文字と重なってしまいます。
設定文字情報サイドベアリングで設定するチェックし、レフトサイドベアリングとライトサイドベアリングの数値を0にしてください。上下左右ともぴったりのフォント文字が出来上がります。
8. 仮想ボディの四角もマークの一部として貼り込まれていますので削除します。
貼り込んだ状態では、すべてが選択されているので、何もないところを一度クリックして選択を解除し、仮想ボディとして引いた四角の一部(線上)をダブルクリックして四角を選択し、四角を編集削除します。
9. 表示塗りつぶしで表示で塗りつぶされる部分の確認ができます。塗りつぶしがうまくいっていないときは 編集巻き方向を修正 を実行してみて下さい。
確認できたら、ファイル名前を付けて保存でフォントが作成されます。
「FreeDial」という名前で保存、FreeDial.ttfという名前の欧文フォントファイルが作成されます。
10. 作成されたFreeDial.ttfフォントをインストールして、イラストレーターで「A」という文字を入力し、フォントを「FreeDial」に変更し確認して下さい。




「麗流隷書」をIllustratorで使えるようにしてみよう

やり方として、フォントのPostScriptネームを英文に変更してしまう方法があります。
フォントをバイナリーエディタで直接編集するのはちょっと無理のようです。
そこで、「外字・TrueTypeフォント エディタ TTEdit」を使ってフォントのコピーを作成し、PostScriptネームを英文に変更します。

※この方法は実験としてやったもので、著作権に抵触するかもしれませんので自己責任の範囲での使用をお願いします。

フォントを開く<フォントを開く画面>

メニューバー「ファイル」から、「インストール済みを開く」で「麗流隷書」(フォント名)を選択する。
「麗流隷書」がインストールされてない場合は「開く」から
任意の場所にある「BGREIRR.TTF」(フォントファイル名)を選択。
「麗流隷書」がオープンされ、「あ」の文字が表示されます。


「麗流隷書」の確認<「麗流隷書」の確認画面>

メニューバー「設定」から「フォント情報」を選択するとダイアログが開きます。
書体名タグの「詳細(D)」ボタンをクリックします。
書体名詳細ダイアログで「PostScriptネーム(P)」を確認します。
「麗流隷書」と日本語になっているのがわかります。
ここの部分を変更するわけです。
「OK」か「キャンセル」ボタンをクリックして、フォント情報ダイアログに戻り、今度はメトリクスタグを選択します。
アセント・ディセントの数値を確認し、「OK」か「キャンセル」ボタンをクリックして、編集画面に戻ります。

TTEditで作成されたフォント以外ではTTEditで変更することができず、入力欄はすべてグレーになっていますし、編集しても保存することができませんので、いろんなフォントを開いて確認してみるとおもしろいかもしれません。

「一括コピー」<一括コピー画面>

TTEditで作成されたフォント以外ではTTEditで変更することができませんので「一括コピー」という機能を使って「麗流隷書」のコピーを作成し、フォント名を編集するという作業を行います。
メニューバーの「ファイル」から「一括コピー」を選択し、一括コピーのダイアログの
「コピー元ファイル」のインストール済みを参照ボタンより、「麗流隷書」を選択する。
「コピー先ファイル」にはシステムのFontフォルダ以外の別の場所に「BGREIRR.TTF」。
「コピー先文字幅」は「コピー元と同じ種別」をチェック。
「コピー先フォントメトリクス」は「コピー元と同じアセント・ディセント」にチェック。
「仮想ボディ」は「256」を選択。
「オプション」はチェックなし。
「フィルタ」は「なし」を選択。
「コピー文字コード」は「CSVファイルで指定」チェックなし。
「コピー元」は「すべての文字コード」にチェック。
「コピー先」は「コピー元と同じコードにコピーする」にチェック。
「コード種別」は「シフトJISコード」にチェック。
「OK」ボタンで「コピー先ファイル」に指定した「BGREIRR.TTF」が作成されます。


フォント名の変更<フォント名の変更画面>

「ファイル」−「開く」で作成された「BGREIRR.TTF」をオープンします。
「設定」−「フォント情報」で「書体名[日本語用](J):」 に「麗流隷書」。
「書体名[英語用](E):」に「Reishoreiryu」と入力してください。
「著作権」の部分は適宜。
「OK」ボタンで編集画面に戻り、「ファイル」−「上書き保存」し、TTEditを終了します。


フォントのインストール

現在インストールされている「麗流隷書」をバックアップしてから削除し、TTEditで作成した「麗流隷書(BGREIRR.TTF)」をインストールします。


「AdobeFnt.lst」の更新

最後に C:\Program Files\Common Files\Adobe\TypeSpt のフォルダにある
「AdobeFnt.lst」を削除してから、Illustratorを起動します。
「麗流隷書」のPostScript名が「Reishoreiryu」となった新しい「AdobeFnt.lst」(ver.8 9)が作成されています。