PS.exeドキュメント トップページへ

PS.docをファンクションと外字は色つき文字で代用しています。
MS-DOSでPS***.lzhファイル内のPS.DOCをご覧ください。
トップページでPS.exeの最新版(psexe.lzh)をダウンロードできます。


//////////////////// PS.exe ///////////////////////////////////////////
【ソフト名】 PS.EXE + PS_OVL.EXE
【使用目的】 「みえ吉」「ページくみ子」のデータをIllustratorデータに変換。
【著作権者】 荒井 直登
【動作環境】 「ページくみ子」が動く環境
【連 絡 先】 E-mail : upright.arai@nifty.com
【配付条件】 当プログラムは改変しない事を条件に配布・コピーする事ができます
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

●PS.exeは「みえ吉」「くみ子」で作られたデータ(ACDデータとACTデータ)を
 読んで、Illustrator(バージョンは5.5以降)のデータに書き出すプログラムです。
●「くみ子」が動く環境でしか、動作しません。
●書き出されたIllustratorのデータはWindowsとMacitoshと共通ですので
 両方のIllustratorで読み込むことが出来ます。
●Illustratorでは「写研」フォントは使えませんので、
 フォントの置き換え用のテーブルデータ(TABLE.PS)が必要になります。
●ファイル構成
 PS.EXE(プログラム本体1)
 PS_OVL.EXE(プログラム本体2)
 PS.DOC(この説明)
 TABLE.PS(書体変換テーブル)
 TABLE.PSW(Windows用書体変換テーブルサンプル)
 TABLE.PSM(Macintosh用書体変換テーブルサンプル)
 REPLACE.PSW(文字列置き換えデータサンプル)
 REPLACE.PSM(文字列置き換えデータサンプル)

●使い方

 PS {くみ子データファイル名} {パラメータ}[↓]
 EX)
 PS A:\KUMI\MIHON\MIHON01 /K /T2[↓]

   {パラメータ}  {オプション}
   /K  /K1  [ WHITE ]    巻罫の白塗潰し
   /K0            巻罫の塗りなし→(ディフォルト)
   /T1    [ TYPE1 ]    半角パーレン "("、")" を英数に→(ディフォルト)
   /T2    [ TYPE2 ]    半角パーレン "("、")" を2バイト文字に
   /T3    [ TYPE3 ]    半角パーレン "("、")" を英数でベースラインの調整
   /T4    [ TYPE4 ]    [半オ]を使った約物を全角にしてトラッキングで調整
   /S2    [ SHIFT2 ]   ブロック行の移動調整
   /S  /S1  [ SHIFT1 ]   ブロック行のベースライン調整
   /S0            ブロック行のベースライン調整なし→(ディフォルト)
   /TOMBO           トンボのカラーをマゼンタ100%に
   /G /G1  [ GUIDE ]    ダミー罫線をガイドラインにします
   /G0            ダミー罫線をガイドラインにしません→(ディフォルト)
   /TY0            数字を縦中横しない→(ディフォルト)
   /TY1    [ TY1 ]     半角数字のみ縦中横にする
   /TY2    [ TY2 ]     半角数字と欧文数字を縦中横にする
   /TY3    [ TY3 ]     半角数字と欧文を縦中横にする
   /OB0    [ OB0 ]     0123456789を和文扱い(ディフォルト)
   /OB1    [ OB1 ]     0123456789を欧文扱い
   /OB2    [ OB2 ]     0123456789 - を欧文扱い
   /WIN    [ WIN ]     全てのフォントをTrueTypeとして扱う
   /MAC    [ MAC ]     Mac改行コードで出力"
   /KM0    [ KM0 ]     「組み」のチェックをはずす
   /H             説明

●TABLE.PS は変換書体テーブルです。
 オリジナルは標準テーブルとして
 ベタ組の場合  WINDOWS のMS-Mincho と MS-Gothic に
 ツメ組の場合  WINDOWS のMS-PMincho と MS-PGothic に
 置き換えます。
 TABLE.PSの74行目に "00: " の後ろにオプションを追加挿入すると、パラメータ
 が不要になります。

●TABLE.PSの形式
 01〜12は TS16-**(明朝系ベタ)          (MS-Mincho...)
 51〜62は TS17-**(ゴシック系ベタ)        (MS-Gothic...)
 13〜24は TS16-**(明朝系プロポーショナル)    (MS-PMincho..)
 63〜74は TS17-**(ゴシック系プロポーショナル)  (MS-PGothic..)
   1行空けて                 (****欧文*****)
 01〜12は 明朝系欧文書体            (TimesNewRomanPSMT...)
 51〜62は ゴシック系欧文書体          (ArialMT...)
 00: はオプション                (WHITE T2 ...)
 の書体名に書き換えて、KUMI\のディレクトリにコピーしておいてください。
            ~~~~
 KUMI\ のディレクトリにTABLE.PSがないとオリジナル(MS-MinchoとMS-Gothic)として
 処理します。
 合計で72書体分(73行)必ず書き込んでください。足りないとエラーとなります。
 TABLE.PS・TABLE.PSW・TABLE.PSMを参考にして自分の環境あったTABLE.PSを
 作成してください。

●下記の修正履歴もドキュメントとなっていますので、目を通しておいて下さい。

****************
●PS.exe修正履歴
****************
・ベタ組、ツメ組、欧文を指定出来るように変更。
 TABLE.PSの構造は
 1〜24行はベタ組用和文書体
 25〜48行はツメ用和文書体
 1行空けて(改行のみだとエラーとなるので必ずダミーの文字をいれて)
 50〜73行は欧文書体
 (全部で72書体)行数は73行。
・欧文はベタ組、ツメ組ともに50行目以降の書体を使用します。
 [SP]は半角スペース(欧文スペース)に置き換えます。
 和文書体の従属の欧文として変換します。
・欧文数字は欧文書体に変換し、半角数字は和文の半角数字に変換します。
 (テーブルの設定による)
[体][1][6][−]*、[体][1][7][−]*で和文書体と従属欧文を切り換えます。
・FreeHandでAI形式で読みこんだ時、ブロック行と頭末揃えがずれていたのを修正。
・問答で「級」指定の場合も「倍」で計算していたのを修正。
・「くみ子」の用紙サイズ設定をイラストレータv.5以降で表現可能に。
[FS]行変[FE]のファンクションを文字列から削除。
・"[全]""[2分]""[4分]"をアキで変換していたが、全角のスペースのトラッキングに変換。
 スペースを文字として扱い、削除できる。
・システムにインストールされていないFONTがTABLE.PSに書かれている場合、
 エラーになるのを修正。
 (TABLE.PSに書かれているFONTを全てデータに書き込むように修正。)
 ※TABLE.PSに書かれているFONTを全てType 1形式として扱っている。
**********

(98/9/7)
・"[字S]"をTABに置き換える。
・複数の埋め込みファンクションを使っている場合、最初の1回のみしか反映しない
 不具合を修正。
・ツメ組の場合、多国語オプションの「詰め」にチェックを入れるように変更。
・「〓」に置き変わっていた文字を以下のように変更。
    "" --> "!"      "!!", "!!" --> "!!"   "!?" --> "!?"
    "" --> "○"      "" --> "●"      "" --> ""
    "(1)" --> "(1)"     "(2)" --> "(2)"     "(3)" --> "(3)"
    "(4)" --> "(4)"     "(5)" --> "(5)"     "(6)" --> "(6)"
    "(7)" --> "(7)"     "(8)" --> "(8)"     "(9)" --> "(9)"
    "(10)" --> "(10)"     "", "" --> "↑"   "", "" --> "↓"
    "", "" --> "→"   "", "" --> "←"
(98/9/11)
・欧文で始まる文字列で欧文テーブルを読まない場合があった不具合の修正。
・ブロック行で行送りの量によって文字の位置がずれるのを「ベースライン
 移動」をつかって調整する PSSFT.EXE 試作。
 ※ただし、FreeHandでAI形式で読みこんだ時の、「ベースライン移動」の動きが
  違う。
(98/10/5)
・TABLE.PSの74行目に "00: SHIFT" と1行追加挿入すると「ベースライン移動」
 が有効になるように変更。(PSSFT.EXE廃止)
・TABLE.PSの行数のチェックをするように変更。
・ACTファイルを直接フィルター処理(SEDなど)してしまった場合などの
 区切りコードの変更されたデータでもAIデータを作成するように変更。
 (「改行(0AH)」が「改行(0AH)+復帰(0DH)」に変更されている場合は、
 このままでは「くみ子」ではくずれてしまいます。一度「みえ吉」で読み込んで
 保存しなおすか、プログラム実行の後に作成される「***.$$T」を「***.ACT」に
 取り替えれば直る可能性があります。)
(98/10/17)
・[単行]−[揃]の行送り量を変更。
(98/10/29)
・文字と罫線を別レイヤーにする。
・JISにない文字列の変換の追加
 "合○"-->"〓","合□"-->"〓"  →  "合○"-->"○","合□"-->"□"
・ベースラインシフト量の計算式の公開
 横組  (行送り−(サイズ×1.15))×0.75
 縦組  (行送り−サイズ)÷2
(98/10/30)
・ブロック行に以下のファンクションを埋めこむことで、
 イラストレータのテキストボックスの揃えを選択できる。
   [FS][FE]  →  左揃え(行末が揃わない)
   [FS][FE]  →  中心揃え
   [FS][FE]  →  右揃え
   [FS][FE]  →  頭末揃え(最終行も頭末揃え)
   [FS][FE]  →  頭末揃え(最終行は左揃え-->標準)
   (ディフォルトは[[FS][FE]]を埋めこんだものと同じ)
(98/12/22)
[SK]2A62(書体従属郵便マーク)を〒に置き換え。
・ACTファイルのサイズが10Kをこえた場合の読み込みエラーを作業ファイルを
 作ることでの対応。このため、PS.EXE実行のドライブディレクトリが
 書き込み禁止、またはアキがない場合はエラーとなります。
・埋め込みファンクションの処理の回数を20回から無制限に。
(98/12/22B)
・埋め込みファンクションの処理の不具合の修正。
(99/01/16)
・ACTデータにカラの文字列があるとエラーになる場合がある修正。
(99/01/17)
・em詰めを表示させるようになりました。
・外字領域(F040〜F9FC)、拡張文字領域(ED40〜EEFC)の文字も表示するように変更。
 *外字領域はWindowsの外字エディタ等で作成した外字FONTではイラストレータでは
  表示できません。その外字領域を含むFONTを使用してください。
  Macのビブロス外字の部分に相当します。
 *拡張文字領域(ED40〜EEFC)を拡張文字領域(FA40〜FC4B)にコード変換しました。
  拡張文字領域を含むFONTがなければ表示できません。
・巻罫の中を「白」で塗り潰すオプション(/K or -K)の追加。
 くみ子でベタの巻罫の中をクリックすることでそのオブジェクトが選択できるのと
 同様になります。ただし、すべての巻罫を対象としますので重なっていて、下にあ
 る巻罫が上にある巻罫の「白」で見えなくなることがあります。

 実行方法は
 PS {くみ子データ名} /K   or  PS {くみ子データ名} -K
(99/01/18)
・埋め込みファンクション[FS]KJ[FE][/]*****[/]でイラストレータのコマンドを直接
 AIデータに書き込みます。以下が理解できない場合は使用しないこと。
 直接AIのコマンドとして挿入しますので、間違えるとAIでエラーとなり、ファイル
 を開くことができなくなります。[文字色の指定]以外のコマンドについては各自
 で解析してください。このファンクションを使用した場合は、SKデータとして
 使用できなくなります。

 (例)[文字色の指定]
  [/][/]の間にCMYKの濃度のパーセントを100で割った数値をCMYKの順番で半角スペー
  スで区切って、必ず4つの数値を入れて、最後に小文字1バイトの「k」をつけて
  ください。入力データは1番目から(シアン) (マゼンタ) (イエロー) (ブラック) k となります。
  使用しない色は必ず「0」と入れてください。
  もとのベタに戻す場合は、[FS]KJ[FE][/]0 0 0 1 k[/] となります。
 EX.1
   シアン = 33%
   マゼンタ= 59%  →   [FS]KJ[FE][/]0.33 0.59 0 0.11 k[/]
   イエロー= 0%
   ブラック= 11%
 EX.2
   シアン =  0%
   マゼンタ=100%  →   [FS]KJ[FE][/]0 1 1 0 k[/]
   イエロー=100%
   ブラック=  0%

 *[その他]
  0 0 0 1 k              塗カラーCMYK C=0 M=0 Y=0 K=100
  -500 Tt               トラッキング -500%
  50 100 Tz              長体 50%
  100 50 Tz              平体 50%
  50 50 Tz              長体 50% 平体 50%
  1 Ts                文字シフト(Pt) 1Pt↑ (1Q=0.7086614pt)
  /_ShinGo-Medium-83pv-RKSJ-H 22.67 Tf    FONT + SIZE(Pt)
  0 100 Tk              カーニング -100%(1回実行)
  ...

(99/01/19)
[送1][送3][アケ] を表示するようになりました。
・半角パーレン "("、")" の変換を3種からオプションで選択可能になりました。
・[オプション]の追加
   {パラメータ}  {オプション}
   /K  /K1  [ WHITE ]    巻罫の白塗潰し
   /K0            巻罫の塗りなし→(ディフォルト)
   /T1    [ TYPE1 ]    半角パーレン "("、")" を英数に→(ディフォルト)
   /T2    [ TYPE2 ]    半角パーレン "("、")" を2バイト文字に
   /T3    [ TYPE3 ]    半角パーレン "("、")" を英数でベースラインの調整
   /S  /S1  [ SHIFT ]    ブロック行のベースライン調整
   /S0            ブロック行のベースライン調整なし→(ディフォルト)
   /H             説明
・TABLE.PSの74行目に "00: " の後ろにオプションを追加挿入すると、パラメータ
 が不要になります。TABLE.PS に書き込んだオプションを使わない場合は、0 のつ
 いたパラメータを使ってください。複数のオプションを使う場合は半角スペースで
 区切って書いてください。
 (例)
    62: ShinGo-Bold-83pv-RKSJ-H
    00: SHIFT WHITE TYPE2          ← 74行目
    ///// ATM 和文書体 /////

  (PS {くみ子データ名} /S /K /T2 と同様になります。)
(99/01/21)
・「[送1][送3][アケ]」の追加で出た「[問]」の不具合の修正。
・パラメータ "/TOMBO" で、くみ子で発生させたトンボのカラーをマゼンタ100%
 で置き換えます。TABLE.PSファイルのオプションはありません。トンボを複写した
 もの、切り取って貼り込んだものは、普通の罫線と同じ扱いになります。
[半オ]を使った約物を全角に置き換え、「詰めの単行」と「ブロック行」を除いて、
 トラッキングで調整する "/TYPE4" の追加。
(99/01/31)
・サイズのポイント数を少数第二位で切り捨てていたが切り捨てをしないように変更。
(99/02/03)
・SKにはないサイズを埋め込みファンクション "[サイズ]**" で反映。
 (くみ子でも反映するようです。ただし、写研出力は不可。)
(99/02/04)
・(02/03)の追加により発生した、パラメータとオプション(TABLE.PS)を読む順番の
 バグを修正。
(99/02/06)
・単行の段落(改行)と "[↓]"、"[項]" を読むように修正。
・埋め込み行送り([行送])を反映させるように修正。
(99/02/09)
・ダミー罫線をガイドラインに変更するオプション、パラメータ(GUIDE , /G)を追加。
(99/04/19)
・ブロック行でEMツメがない場合、"-1" のトラッキングを入れるように変更。(-1 Tt)
(99/06/03)
・巻罫で一ヵ所の角丸半径が「1」でそれをはさむ2つの角丸の半径が「0」の場合、
 角丸半径「1」の角丸と対角線上の角丸に接する罫線のみを反映させる。
 1/4単位の円弧や巻罫のみではできなかったラウンド罫などにも使えます。
 例)
 右上の角丸半径(R1)が「1」で、それをはさむ左上(R4)と右下(R2)が「0」の場合、
 B(下)と、C(左)の罫線のみが反映される。(R3は任意の角丸半径)
      @               @
 (R4)0┌───┐1(R1)      (R4)0     (R1)
    │   │           │
   C│   │A    →     C│    A
    │   │           │
 (R3)*└───┘0(R2)      (R3)*└─── 0(R2)
      B               B

(99/07/26)
・ベースラインシフトを使わないで、テキストボックスをシフト量分移動して
 ベースラインを調整するオプション 「SHIFT2」、パラメータ「/S2」の追加。
(99/07/27)
・半角数字を欧文扱いとするオプション「TYPE5」、パラメータ「/T5」の追加。
・「くみ子」で欧文書体番号が「0(従属)」でも、TABLE.PS の 50〜73行の
 欧文フォントを使うように変更。従属の欧文を使いたい場合は、1〜24行、
 または25〜48行と同じフォント名を50〜73行に複写してください。
(99/08/06)
・数字を「縦中横」にするオプションとパラメータの追加。
 横組でも「縦中横」を挿入します。
 
   /TY0            数字を縦中横しない→(ディフォルト)
   /TY1    [ TY1 ]     半角数字のみ縦中横にする
   /TY2    [ TY2 ]     半角数字と欧文数字を縦中横にする
   /TY3    [ TY3 ]     半角数字と欧文を縦中横にする

(99/8/18)
・ブロック行の行末の位置に右揃えタブを入れるように変更。これにより、
 [FS][FE]を埋めこめば、[段落設定]−[左揃え]で "[字S]" の動きに近くなるのでは?
(99/8/20)
・TABLE.PSのフォントを全てTrueTypeとして読み込むオプションとパラメータの追加。
   /WIN    [ WIN ]     全てのフォントをTrueTypeとして扱う

(99/9/10)
・半角数字を欧文扱いとするオプション「TYPE5」、パラメータ「/T5」を
 オプション「OB1」OR「OB2」、パラメータ「/OB1」OR「/OB2」に変更。
 「TYPE3」「TYPE4」のオプション(パラメータ)の場合を除き、
 オプション「OB1」、パラメータ「/OB1」を追加すると横組の半角ハイフン
 「-」を「−」(マイナス)1/2の幅とする。

(99/11/05)
・Illustrator5.*で開いた時に出るエラー(スペルミス)を修正。
・エスクポートされるAIファイルをMac改行コード((0DH)のみ。MS-DOSは(0DH)+(0AH))
 にするオプションとパラメータの追加。
   /MAC    [ MAC ]     Mac改行コードで出力"

(99/11/06)
・ビブロス外字の入力を“[SK]{シフトJISコード}”でも扱えるようにしました。
 (例)
     [SK]F041 → @   [SK]F042 → A   [SK]F1B8 → (1)
     [SK]F1B9 → (2)   [SK]F540 →    [SK]F562 →
     [SK]F590 →    [SK]F591 →    [SK]F5E9 → ml
     [SK]F5EB →    [SK]F78E → !!   [SK]F78F → !?
 明朝系テーブルで使っていればフォント名は Ryumin-Light-Biblos
 ゴシック系テーブルではフォント名は    GothicBBB-Biblos
 となります。

(99/11/08)
・REPLACE.PS 書かれた文字列の置き換えを実行します。
 データ形式は【{置き換え前},{置き換え後}】を1行にして、
 100行まで使えます。","(半角のカンマ)は区切りとして使われますので
 ","(半角のカンマ)の置き換えはできません。
※TABLE.PS と同じディレクトリにおいてください。(EX. A:\KUMI\)
 REPLACE.PSファイルが存在しない場合は、サイズ 0 のREPLACE.PSが作成されます。
[REPLACE.PS]のデータ形式作成例
(1),[SK]F1B8           ─┐
(2),[SK]F1B9            │
,[SK]F540             │
ml,[SK]F5E9             │ REPLACE.PS で保存
,[SK]F5EB             │
!!,[SK]F78E             │
!?,[SK]F78F             │
[SK]2A62,[SK]F550          │
[外][4][3][1][1],[SK]F5B0   ─┘

(99/11/08B)
・ビブロス外字とメイン書体の切替がうまくいかなかった修正。

(00/03/18)
[FS]FC[FE][/]***[/]で欧文フォントを埋めこめる。
 [FS]FP[FE][/]***[/]で和文フォントを埋めこめる。
EX)
  [FS]FC[FE][/]Times-BoldItalic[/]
  [FS]FP[FE][/]ShinGo-Bold-83pv-RKSJ-H[/]

 ただし、インストールされていないフォントを埋めこむとイラストレーター
 でエラーとなる。埋め込みたいフォントの入ったデータを作成し、書類情報の
 フォント、またはAIデータをエディタ等で開いてフォントの名称を確認してく
 ださい。
 [FS]FC[FE][/][/][FS]FP[FE][/][/]を間違えると文字化が起ります。

 ※REPLACE.PS に以下の要領で追加しておけば、使いやすいかも。
  [E6][4][0],[FS]FC[FE][/]Times-Roman[/]
  [E6][4][2],[FS]FC[FE][/]Times-Bold[/]
  [E6][5][6],[FS]FC[FE][/]Times-BoldItalic[/]
  [体][1][9][−][7][3],[FS]FP[FE][/]LogoLine-Bold-83pv-RKSJ-H[/]

[2分][4分]で全角スペースの前でカーニングしていたが、全角スペースの後に
 カーニングするように変更。

(00/03/22)
・「送り2[送2]」と「送り4[送4]」をシフトを使って表示。
・「問答[問]」の倍数単位を使用した場合の不具合の修正。
・「送り1・3[送1][送3]」の級数単位を使用した場合の不具合の修正。

(00/04/12)
・文字メニューの欧文指定番号をデータとして文字列の先頭部分に「[E6][0][0][0]
 の体裁で書き出すように変更。REPLACE.PSの置き換え対象となります。
※REPLACE.PS サンプル例
[E6][4][0],[FS]FC[FE][/]Times-Roman[/]
[E6][4][1],[FS]FC[FE][/]Times-Italic[/]
[E6][4][2],[FS]FC[FE][/]Times-Bold[/]
[E6][5][6],[FS]FC[FE][/]Times-BoldItalic[/]
[E6][1][5][1],[FS]FC[FE][/]Helvetica[/]
[E6][1][5][2],[FS]FC[FE][/]Helvetica-Oblique[/]
[E6][1][5][3],[FS]FC[FE][/]Helvetica-Bold[/]
[E6][1][5][4],[FS]FC[FE][/]Helvetica-BoldOblique[/]


(00/04/17)
・中間ファイル「$$***」削除のわすれを修正。
・ブロック行で行長を「[EM]***」で指定可能。
  ブロック行で行長が4文字未満の場合などで使用。
  くみ子で段組属性(経路番号)がついている場合は4文字未満でも指定できるが、
  普通のブロック行に戻した場合、「切り取り−貼り込み」をした場合などは
  強制的に4文字の行長に変更されてしまう。

(00/05/10)
・欧文指定番号の書き出しの修正。
・ベクサスターのデータを「くみ子」データに変換するVXA.EXEを作成。
・埋め込み字送りファンクションを「トラッキング」でとりあえず反映。
 [字送]**が入力された位置にトラッキングコマンドをAIデータに書き出して
 います。[字送]が入力された次の文字から字送りが開始するのが正解だと思いますが、
 「くみ子」での字送りの開始位置が一文字分前から始まります。
 「くみ子」に合わせると処理が面倒になるので、実際のSK出力にあわせる。
 また、「くみ子」では[字送][0]で字送りの解除(ベタ送り)となっているようですが、
 実際のSK出力では本当の字送り0となります。
 PS.EXEでは「くみ子」に合わせて[字送][0](字送りの解除)=サイズ、変形の入力と
 同様の処理をします。

(00/05/24)
・REPLACE.PS の置き換えデータの行数を100行から500行に。

(00/06/06)
・ブロック行で「[FS][FE] [FS]単左[FE] [FS]単末[FE] [FS]単中[FE] [FS]単右[FE]」を埋め込むと
 単行扱いとする。(テキストボックスとしない。但し[FS][FE][FS]単揃[FE]を除く)
・単行でも「[EM]*** [FS][FE]」などの埋め込みを反映する。

(00/07/07)
・「体裁制御」−「約物」−「全角固定」の場合のイラストレータの「和字間」の値
 を200%から100%に変更。
・ブロック行の場合の、「文字設定」−「他国語オプション」−「組み」をチェック
 しないオプションパラメータを追加。
   /KM0    [ KM0 ]     「組み」のチェックをはずす

(00/08/09)
・単行(「揃」をのぞく)の行送りを「自動」に変更。
 [行送][0]を埋め込めば、行送り「自動」となります。

(00/11/17)
・縦組「揃」の行送りが「自動」になっていたのを修正。

(00/11/24)
・アートボードのサイズを「用紙サイズ」から「版面サイズ」に変更。

(01/02/16)
・「版面サイズ」の左側に文字列がある場合、イラストレーターでファイルを開くと
 エラーになるのを修正。(座標位置がマイナスになる場合)

(01/04/09)
・円弧作成時のベジェ曲線のハンドルの長さの変更。

(01/05/22)
・埋め込みファンクション「[横]」「[縦]」を単行のみ反映する。
 「[横][横]」「[縦][縦]」で「[横]」「[縦]」の文字列を180°回転させる。

 横組
   [横]   通常横組   
   [縦]   文字列が縦組       (左を向いた縦組文字が左から右へ)
   [横][横] 文字列が横組 180°回転(下を向いた横組文字が右から左へ)
   [縦][縦] 文字列が縦組 180°回転(右を向いた縦組文字が右から左へ)

 縦組
   [縦]   通常縦組
   [横]   文字列が横組       (右を向いた横組文字が上から下へ)
   [縦][縦] 文字列が縦組 180°回転(下を向いた縦組文字が下から上へ)
   [横][横] 文字列が横組 180°回転(左を向いた横組文字が下から上へ)

横組
イメージ
縦組
イメージ


(01/05/28)
・プログラムメモリの関係から PS.EXE ファイルを PS.EXE と PS_OVL.EXE の二つに
 分ける。PS_OVL.EXE は PS.EXE の中から実行されます。
 PS.EXE と同じ PATH の通った場所に置いてください。

・ACPファイルを読み込むことにより、「段属性」を反映。
 同じ経路番号は「文字」−「リンク」となります。

・「[送1]」が「1倍」以上の場合のみ「全角スペース」を挿入してからカーニングするように変更。

(01/06/03)
・Illustrator の「書類設定」−「アートボード」−「用紙設定を使う」のチェックをはずすように変更。
 (  をダブルクリックすると原点(左下)に印刷範囲が揃うことがわかった。)

・くみ子の「単行」−「揃」で書体変更などで 「-100」 のトラッキングが「0」に戻らないように修正。


To Top Page