あぷらいとプロフィール トップページへ

1976 写植会社に就職
1985 手動写植機で独立
1988 ファンクション入力での電算写植も始める
データ処理としてsedを覚える
1992.12 写研電算写植組版ソフト「みえ吉」を使い始める。
Vz Editorマクロ作成
1993.12 写研電算写植組版ソフト「ページくみ子」を使い始める。
「みえ吉」「くみ子」用フリーウェア作成
1995 PS.exe(「くみ子」-->Illustrator)作成開始
1997 手動機廃棄
1998 Windows用とMac用のフォントを作り始める。
1999 RICH.exe(「くみ子」-->MS Word)作成
2001 EDI.exe(「くみ子」-->SMI EDICOLOR)作成

ラインボーダー


“コーディングいらずのパソコン電算写植ソフト”として発売された「みえ吉」
一番良かったことは“コーディングいらず”ではなくて、写研のファンクションコードを「みえ吉」のデータの中に埋め込む、または写研データにコンバートする前のデータを直接エディタで編集できたことです。その後、「みえ吉」の機能の大幅な改善とページ組の機能を盛り込んだ「ページくみ子」が発売されました。でも、使っていると欲しい機能がたくさん出てくる。作者も「くみ子」自体の改善で忙しく、要望をいっぱい出しても作者にプレッシャーを与えるだけなので、「みえ吉」のデータ保存形式がオープンされていたので、以前にちょっと勉強したことのある「QuickBasic言語」を使ってプログラムを作ってみました。
Illustratorで“爆弾”がかけるなら「みえ吉」でも“爆弾”を、と最初に作ったのが「bakum.exe(爆弾作成)」でした。“爆弾”の形が「みえ吉」の画面に表示された時は感動しました。
バブルも弾けて暇だったのでしょう。プログラムにのめり込んでいきました。
Illustratorで袋文字、影付き文字ができるならば「みえ吉」「くみ子」でも...と、かなりIllustratorを意識して作っていきました。「みえ吉」「くみ子」用フリーウェアとしていくつか公開していきました。PS.EXEもその中の一つです。

DTPソフトでの表組等の作成はソフトの機能が充実してきて使いやすくなってはきましたが、長年電算写植をやってきたものにとってまだ電算写植での作成に比べて「細かいところに手が届かないもどかしさ」を拭えませんでした。また、現在のIllustratorが10個以上も買える値段の電算写植用のソフトにも愛着がありますし、今までの資産(データ)ももったいない。そこで、写研電算写植用ソフトのデータをその当時Windows3.1で使っていたIllustratorのデータに変換するプログラムを作成することにしました。
Illustratorのデータはテキストで書かれていてなんとなく行けそうな感触だったのですが、「くみ子」のデータ構造は公開されていましたが、Illustratorのデータ構造を示したものが見つけられずしかたなく、罫線を1本、文字1つ描いては保存し、エディタで開いて比較しながら推察する、その繰り返しで一つずつ解析していきました。
PS.exeが何をするかといえば、「みえ吉」「くみ子」で作られたデータ(ACDデータとACTデータ)を読みこんで、Illustrator(バージョンは5.5以降)のデータ形式に書き出します。
書き出されたIllustratorのデータはWindowsとMacitoshと共通ですので両方のIllustratorで読み込むことが出来ます。ただし、いろいろな制限事項があります。Illustratorの機能にないものはできません。

制限事項(Illustratorにない機能)


写研フォントでの表示 WindowsでもMacでもインストールされていないフォントは表示できません。
書体番号に対応させてインストールされているフォントを指示するテーブルを使います。
例えば、ゴシックの10番は新ゴM、明朝の3番はリュウミンR、というように指示することが出来ます。

[ルビ] カーニングを駆使すれば何とかなりそうだけど、直しが入ったら大変。別に文字を貼りこむぐらいしかないと思います。

[インデックス] サイズを小さくしてベースラインシフトで調整するか、割注を使うぐらいしか思いつかない。もしくは、インデックス用の専用フォントを使う。

[サフィックス] サイズを小さくしてベースラインシフトで調整するか、割注を使うぐらいしか思いつかない。もくしは、サフィックス用の専用フォントを使う。

1行の途中での
[字どり]
テキストボックスにすれば1行単位ではできるが...。
カーニングで「見た目」で揃える? そこだけ別に貼りこむ?

1倍以上の
[送3]
カーニングが -1000/1000 までしかできない。前に文字がなければカーニングも使えない。

[合成] トラッキング、カーニングで文字を重ねることはできる。

[字SF] タプを使えば、それらしいことはできるかも。

横組での[縦中横] 文字どおりの縦中横。縦組の中でしか使えない。

その他 Illustratorにない機能はできません。

PS.exeドキュメント ←このページからPS.EXEをダウンロードできます。

文字盤を含めれば1000万円くらいした手動写植機を5万円払って業者に処分してもらう。十年以上使いつづけた愛着のある機械が、業者の手によってバラバラに分解されていくのを目の当たりにして一筋の涙が...。
一文字一文字印画紙に感光させていくのであとで調整するなんてことができなかったし、打った文字の流用もできない。適当なレイアウトでも寸法指定された表組なんかも、一発で印字しなければならない。今考えるとよくやってこれたものだと思う。
(写真はPAVOKY 1990年写研カタログより)

フォントに収納されていない文字が結構あります。

手動写植機のときは文字盤の上にマスクして別の文字から部分的に抜き出して印字して作字する。もしくは別に印字しておいてカッターで切り貼りしての作業。
電算写植になっても、ない文字は作字での切り貼りか、その作字した文字を出力センターの出力機に外字として登録してもらう(もちろん有料。登録するアキがない場合もある)。

WindowsのIllustratorを使うようになって、もっと困ったのが電算写植で使えていた記号(電話マーク、フリーダイヤル、括弧つき数字、小さな丸「」など)がない。オブジェクトとして作成し、その位置に配置しておいても直しなどで文字が送られるとオブジェクトはそのままの位置に残る。
Macではビブロス外字にそれらの文字が収録されていると聞き、ビブロス外字との互換を考えて、その外字コードに合わせてWindows用の外字フォントとTrueTypeフォントを「TTEdit」を使って作成。その後フォントに興味を持ち、「FreeHand」を買った時に付いてきた、「Fontgrapher」でWindows用、Mac用の欧文「TrueType」、「PS Font」を作るようになる。
他のソフトでも使えるので、本文中に出てくるマーク、記号、ロゴ、作字などはその都度「外字用のフォント」に追加登録して使っています。

(「TTEdit」、「Fontgrapher」については、『「いられ」のはなし/フォント関係』のページを見て下さい。)

「くみ子」で作成したデータをWindows「MS Word」のリッチテキスト(拡張子はDOC)に変換します。
細かい指定の表組などを「MS Word」で組まなければならなかったときに作成したものです。
●テキストボックスと図形のみで反映します。
●用紙サイズは設定していません。
●書体はベタはMS明朝・MSゴシック、ツメはMSP明朝・MSPゴシックのみを使用。

EDICOLORのすすめ
EDICOLORをすすめるのは、別に住友金属システムソリューションズから何かを貰っているからでも、「クォーク」、「インデザイン」よりも「エディカラー」が優れている?(「クォーク」、「インデザイン」の体験版は入手しましたが、まだ試していません。)からでもありません。
製品を購入する前に、期限付きながらも実際の仕事に使えることです。
やっぱり仕事で実際に使えないと試す気になれないです。

同業の「泰山木」さんに「エディカラー」を使っているのを見せていただいたのと、「エディカラー」「評価版」(無料)は1ヶ月の期限付きながら製品版と同じに使うことができ、「90日間トライアルキット」は製品と同じマニュアル+テキストがついて4,000円弱で入手できること。併せれば約4ヵ月間、期限付きながらも実際の仕事に使えることと、(「クォーク」「インデザイン」でも当然できるのでしょうが)、「記事」(ドキュメント)の内容を全て「タグ」で書き出せること(ということは「くみ子」→「エディカラー」の変換ソフトも作れる)、「インラインオブジェクト」という機能を使えば「写研」の「振り分け」「字取り」もどき等ができることも魅力でした。
「体験版」は、製品版と保存形式が違っているのと、機能制限があって仕事では使えませんが、期限がないので操作を覚えるのにはいいと思います。
「体験版」はSMI Publishing SystemsのHPより「ダウンロード」できます。「評価版」は同HPで「申込登録」すれば「CD」を郵送して貰えます。まだ、新バージョンver.6の評価版はでていていようです(2002/8/9現在)。
http://ps.smisoft.com/

EDI.exeの作成
「イラストレーター」でPS.exeを作った時もそうですが、「エディカラー」を操作を勉強する前に、「評価版」に付いてきたPDFのマニュアルをもとに「くみ子」→「エディカラー」の変換ソフトを作成しました。今まで使いなれた「くみ子」からの互換がある程度取れていると安心なのです。
「くみ子」で作成したデータを「SMI EDICOLOR 5」のタグテキスト(拡張子はTXT)に変換します。


写研電算写植組み版ソフト「ページくみ子」が動く環境が必要です。
ページくみ子写研電算写植組版ソフト
「ページくみ子」
データから

IllustratorへPS.exeダウンロード(2001.6.3)
MS WordへRICH.exeダウンロード(1999.10.2)
SMI EDICOLORへEDI.exeダウンロード(2001.10.17)

※「Adobe Illustrator」Copyright (C) 1998 Adobe Systems Incorporated
※「みえ吉」Copyright (C) 1991,1993 Line Lab. Co.Ltd.
※「ページくみ子」Copyright (C) 1993,1996 MojicS   CVMENU:Copyright (C) 1993,1996 Half・tone
※「SMI EDICOLOR」Copyrifgt(C)Sumitomo Metal System Solution Co., Ltd.