「いられ」のはなし はじめに Illustrator 全般 トップページ
文字・フォント関係 ファイル関係

【はじめに】  ↑このページトップ
win
mac

「こんなことも知らないの」。

「はい」。(きっぱりと)。 最初からすべてわかっている人はいません。
ただし、サポートセンター、知り合いに質問して聞くにしても「何を聞きたいのか」をちゃんと整理してからにしたほうがいいです。
また、「一度聞いたこと」は必ず自分で何度か試してみておくことです。同じことを何度も聞かれると答える方はイヤになってしまいます。
win
mac

「いられ」に「ふぉとしょ」。これなに?

「いられ」は Illustrator の略称(愛称?)。「ふぉとしょ」は PhotoShop の略称(愛称?)として使われていることがあります。当然、こんな呼び名は嫌だ! とおっしゃる方も多いと思いますが、こんな風に呼ぶ人もいるということを頭の隅にいれておきましょう。日本人は何でも略してしまうのが得意のようです。
また、「仲間うち」だけで勝手に解釈されてつかわれている言葉も結構あるみたいです。
win
mac

知合から「いられ」を譲ってもらいましたが、そのまま使って問題ない?

「いられ」(ソフト)は買ったのではなく、その「いられ」を使用する権利を買ったということです。知合が今後「いられ」(アップグレードを含め)を使うことがなく、かつ知合のコンピュータから「いられ」がすべて削除してあるならば、「いられ」の製造元、アドビシステムズ株式会社に連絡して「ユーザー登録の変更の手続き」をすれば問題はないと思います。私の所有する「Illustrator」と「Acrobat」は知合から譲られたもので、「ユーザー登録の変更」で現在、私が登録ユーザーとなっています。アドビシステムズ株式会社の所定の用紙に譲渡者の住所、氏名、捺印をもらえばできるはずです。
インターネットオークションなどで手に入れた場合なども上記の手続きをちゃんとすれば問題はないと思います。
win
mac

「いられ」は「ソフト」、「プログラム」、「アプリケーション」のどれ。

細かく言えばそれぞれの定義があるのでしょうが、一般的に「ソフト」、「プログラム」、「アプリケーション」は同義語とみて問題ないと思います。「アプリケーション・プログラム・ソフト」の名称を略して「ソフト」、「プログラム」、「アプリケーション」と呼んでいるんだ、と考えれば理解しやすいのではないでしょうか。
win
mac

「いられ」で保存したファイルも「いられ」のアイコンがついているし、ダブルクリックすれば「いられ」本体が動くんだから、保存したファイルも「プログラム」じゃないの。

「いられ」で保存したファイルのアイコンをダブルクリックして「いられ」本体が動くのは「いられ」をコンピュータにインストールした時に『この種類のファイルは「いられ」のファイルだから、「いられ」を動かしてこのファイルを読み込みなさい。』という関連づけの情報が記録されており、また、「いられ」でファイルに保存する時ファイルにも『これは「いられ」のファイルだよ。』という情報が付加されるからです。他の「プログラム」でも同様に関連づけの情報がコンピュータに記録されています。
「プログラム」を使って保存されたファイルは、「データ」、「書類」、「ドキュメント」などとも呼ばれます。

【Illustrator全般】  ↑このページトップ
win
mac

「いられ」のデータがテキストエディタで開いちゃった。(8以前)

「ver.8」までの「いられ」の「AIデータ」はテキスト(EPS形式)で保存されています。
中を覗いてみると面白いかもしれません。
「いられ」で使われたフォント名は
%%DocumentNeededFonts:
%%IncludeFont:
文字データの前

フォント名とフォント種類(TrueType AdobeType)は
%AI3_BeginEncoding:
に記されています。
データは、欧文ならそのまま記され、日本語は記号化されて記されていますのでそのままでは読むことはできません。
テキストエディタで書き換えることも、データをテキストエディタで作成することができます。以下のリンク参照してください。

AIデータ解析のページへのリンク

データ形式がテキストのためか、「ver.8」以前のデータ「圧縮せず」にそのままメールで送受信すると、データに不具合が発生することがあります。
よくある不具合として、データの中のスペースの一部分が欠落して読み込めなくなることがあります。
今までに、テキストエディタでそのデータを開いて欠落部分にスペースを挿入して修復した経験が何回かあります。

Illustrator8データの修復例(BBSより)

「ver.9」以降は AI データ保存形式が変更されました。
テキスト文字以外のコードが入っていますので、エディタで開いてテキスト部分を見ることは可能のようですが、変更したり、保存したりするとデータが壊れてしまいます。
データ保存時に「PDF 互換ファイルを作成」のオプションを選択して保存すれば直接「Acrobat」で開くこともできます。
ただし、ver.9 ではこのオプションがなく、デフォルトで「PDF 互換ファイルを作成」となっているようです。
(2007/5/7)
win
mac

「詰め」をチェックしても文字が詰まらない。(10以前)

「詰め」をチェックしても全ての文字間隔が詰まる訳ではありません。
詰まるフォント、詰まる文字は決まっています。

「詰め」が出来るフォントは、
Illustratorのプラグインのフォルダに詰め情報ファイル(xxxxx.SBX)があるフォント。
(OCFフォント(ATM、ビットマップ)・CIDビットマップフォント=モリサワの基本23書体等)
(但し、ver.10 では詰め情報ファイル(xxxxx.SBX)がありませんので、詰まりません。)
フォントが自体が詰め情報を持つフォント。
 
(CID ATMフォント(既存CID、NewCID)等)
「詰め」が出来る文字は、
Illustratorがプラグイン詰め情報を持っているフォント(xxxxx.SBX)。
  、。,.・:;?!゛゜ヽヾゝゞ〃々ー‐〜
  ‘’“”()〔〕[]{}〈〉《》「」『』【】
  +−±×÷=≠°′″℃¥$¢£%#&*@§△▲▽▼〒
  0123456789
  ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
  ぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞ
  ただちぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽ
  まみむめもゃやゅゆょよらりるれろゎわゐゑをん
  ァアィイゥウェエォオカガキギクグケゲコゴサザシジスズセゼソゾ
  タダチヂッツヅテデトドナニヌネノハバパヒビピフブプヘベペホボポ
  マミムメモャヤュユョヨラリルレロヮワヰヱヲンヴヵヶ
  ΑΒΓΔΕΖΗΘΙΚΛΜΝΞΟΠΡΣΤΥΦΧΨΩ
  αβγδεζηθικλμνξοπρστυφχψω
  以易胃一印員引臼曳円凹岡乙回貝角丘弓旧局曲巾斤九串血月己五口向工
  弘甲艮皿三山司四旨糸自七周習酋出召尚昌肖心申身壬腎世西斥石占川曽
  只旦男中虫弔吊貞天田土当豆同凸酉内二肉日巴買白畠八比眉百負片冒貿
  卜又巳民目由邑夕用立了良力呂六丶丿亅亠冂囘冏冑冖冫凵匕卩厶咼孑宀
  尸屮崗已帛彡彳曰曵炙爻爿甬畄畧癶皀禹禺网罔肓冐胥胄臾芻豸鹵黽
フォント自体に詰め情報を持つ(プロポーショナルフォント)
  フォント自体に詰め情報を持った文字。
フォント自体に詰め情報を持たず、Illusratorのプラグインにも詰め情報がないフォントでも下記の文字だけは詰まるようです。
   、。,.・:;?!゛‐
  ‘’“”()〔〕[]{}〈〉《》「」『』【】
  +−±×÷=≠
(2007/5/7)
win
mac

トレスしなきゃいけないんだけど、ペンツールで曲線がうまく引けない。

ペンツールで曲線をうまく引くには「慣れ」と「経験」しかありません。応急的には、直線でトレスする線を細かくクリックしながらなぞっていって、最後に「フィルター」−「スタイライズ」−「角を丸くする」で半径を大きめにとってやれば、アンカーポイントは多くなりますが、それなりの曲線にすることは出来ますが...。あとは、「スムーズツール」を使って調整してみて下さい。
ver.9 からは曲線にしたいアンカーポイントをダイレクトツールで選択しておいて、
「オブジェクト」−「パス」−「パスの単純化」でアンカーポイントの数も調節できるようになりました。
(2007/5/7)
win
mac

Macで新ゴの maru1 が入力したい。(10以前)

シフトJISコードでは8740(JISコードでは2D21)(句点コードでは1301)
の文字を入力して下さい。
Macの文字パレットでは「(日)」で表示されているかもしれません。
コンピュータに表示される文字はすべて文字コードを割り振られています。
ただし、
シフトJISコードでは8540〜889EとEB40〜EFFCとF040以降(外字部)
(JISコードでは2921〜2F7Eと7521〜7E7Eと7F21以降(外字部))
(句点コードでは0901〜1594と8501〜9494と9501以降(外字部))
の文字コード領域は、機種依存文字と呼ばれ、フォントによって表示される文字の形が違います。通信などでは使わない方がいいのですが、原稿にあれば使わざるをえません。文字コード表などで確認しておく必要があります。(ただし、シフトJIS EB40〜EFFCは「いられ」では使えません。)
新ゴのBiblos外字をもっているならシフトJISコードF040を入力する方法もあります。
機種依存文字の「いられ」データを作成してみました。フォントを変更して機種依存文字を確認してみては・・・。
ダウンロードはここをクリック。

CS以降では「文字」−「字形」の字形パレットから選択できます。
OTF(オープンタイプフォント)を使えば「1」から修飾字形のmaru1を選択できます。
(2007/5/7)
win
mac

「いられ」8のデータを「いられ」5形式で保存して「いられ」5.5で開くとエラーとなる。

使っていないスウォッチ項目があるとエラーとなることがあります。スウォッチの「未使用項目を選択」-「スウォッチを削除」を試して下さい。
win
mac

写研電算写植の写研「字SF」[字SF]ファンクションや「Word」のように、リーダーを自動発生させたい。

「いられ」に「文字の自動発生」の機能がないので無理でしょう。
リーダー自動発生テキストボックスの「段落設定」「左揃え」にして「タブルーラ」で行末に「右揃えタブ」を設定し、「自動発生」させたい位置に「タブ」をキーボードから入力、カーソルが右揃えの位置に移動してします。その後にリーダーを打ち込んで調整すればそれらしくなります。
win
mac

10文字分のテキストボックスの幅を設定したのに、9文字しか入らず10文字目の文字が次の行に送られてしまう。

あちら製のソフトだからでしょうか。テキストボックスに文字を入力していき、行末のアキが「0」以下になった時に、次の行に送り込んでいる(想像)ようです。「0」以下だと行末がピッタリの時も該当します。
「トラッキング」の値を「-1/1000」ぐらいに設定してゴマかしましょう。
win
mac

ルビ文字はどうやるの。

カーニングを駆使すれば何とかなりそうだけど、直しが入ったら大変。
別に文字を貼りこむぐらいしかないと思います。
win
mac

上付文字(インデックス)、下付文字(サフィックス)はどうやるの。

サイズを小さくしてベースラインシフトで調整するか、割注を使うか、インデックス、サフィックス用の専用フォントを使う。

CSからは「文字」パレットのから「上付文字・下付文字」が選択できるようになりました。
またCS2から下線・打ち消し線もできまようになりました。

(2007/5/8)
win
mac

オブジェクトが多くて、下にあるオブジェクトを選択するのがたいへん。

オブジェクトが重なっているところにカーソルを置き、右クリック(Windows)(Macは[Ctrl]+クリック)で表示されるメニューから「選択」で「最前面のオブジェクト」「前面のオブジェクト」「背面のオブジェクト」「最前面のオブジェクト」で選択します。
重なっているオブジェクトが多いと目的のオブジェクトを選択するにはちょっと大変です。
上にあるオブジェクトを「ロック」して、下のオブジェクトを選択する方法などもありますが、レイヤーを使ってオブジェクトを分類した方が作業能率が上がると思います。
レイヤー単位で「ロック」することができますし、レイヤー間の移動、コピーも簡単ですし、「前面」、「背面」に移動する場合もレイヤー単位でできます。
ただし、異なるレイヤー上のオブジェクト同士を「グループ」にすると、全て同じレイヤーに移動してしまいますので注意が必要です。
長年「いられ」をやってきても、一枚のレイヤーしか使っていない人が意外と多いみたいです。
win
mac

本文を13級の1H詰めの指定はどうしたらいいの?

サイズに関係なく何でも1H詰めを指示する人はまだ残っているようです。
そんな時はトラッキングで調整するしかないと思います。トラッキングの数値は簡単に計算できます。
トラッキングは1000分の1単位で、13級に対して1H詰めるわけですから
(詰めるH÷本文サイズ)×(−1000) = トラッキング数値
(1÷13)×(−1000) = -76.923076 ≒ −77
※トラッキング数値がぴったりだと行末の1文字が次の行に追い出されることがあります。
ちなみに行長は、
(本文サイズ−詰めるH)×(文字数−1)+本文サイズ = 行長
となります。行長をキチンとしていないと段落の最後の行が前の行の送りと揃わなくなります。

例題1
縦組・14級・平2・字送り10.5級(H)・1行13字の場合
  14×0.8=11.2 → ベタ送りの字送り(本文サイズ)
  11.2−10.5=0.7 → 詰めるH
 (詰めるH÷本文サイズ)×(−1000) = トラッキング数値
  (0.7÷11.2)×(−1000) = -62.5 ≒ −63
 (本文サイズ−詰めるH)×(文字数−1)+本文サイズ = 行長
  (11.2−0.7)×(13−1)+11.2 = 137.2(H)
 トラッキング数値 = −63
 行長 = 137.2H(34.3mm)

例題2
縦組・14級・平2・行長34mm(136H)・1行13字の場合
 (行長−本文サイズ)÷(文字数−1) = 字送り
  (136−11.2)÷(13−1) = 10.4 → (字送り10.4級)
  11.2−10.4 = 0.8 → 詰めるH
 (詰めるH÷本文サイズ)×(−1000) = トラッキング数値
  (0.8÷11.2)×(−1000)= -71.428571 ≒ −72
 トラッキング数値 = −72
 
win
mac

複数の段落を含む文字列を段落ごとに分解できますか。

文字列に「詰め」「組み」「カーニング」「トラッキング」「異なるサイズ」「変形」「異なるフォント」が使われていない「横組」ならば可能です。
その文字列を含むファイルを「Illustrator EPS」形式で保存して、その「Illustrator EPS」形式ファイルを「リンクなし(埋め込み)」で「配置」でしてください。
「グループ化」され「マスク」のかかった分解された文字列が「配置」されると思います。

テキストボックスで文字が折り返されている場合は折り返されているところで分解されます。
文字列に「詰め」「組み」「カーニング」「トラッキング」「異なるサイズ」「変形」「異なるフォント」が使われていると文字列がバラバラになってしまいます。テキストボックスの行長がぴったり文字数の倍数でないと場合もバラバラになります。また、「縦組」では完全に一文字ずつ分解されてしまいます。

ver.10以降ならば複数段落を分解する「スクリプト」が多く公開されています。
Googleなどで「Illustrator スクリプト」のキーワードで検索してみてください。
(2007/5/7)
win
mac

ページツールで印刷範囲を合わせるのが難しい。

(ページツール)をダブルクリックすればアートボードの左下を基準に印刷範囲が選択できます。ver5以前にはこの機能がなかったらしくver5以前からイラレを使っている人に知らない人が多いようです。

win
mac

オブジェクトを縦横比を変えずに「%比率」でなく「寸法」で拡大・縮小したい。

「変形パレット」を表示させ、拡大・縮小したい寸法をW(横)、H(縦)どちらかに入力し、[command]+[return](Mac)、[ctrl]+[Enter](Win)を押せばもう一方にも拡大・縮小が適用された数値が入ります。

「変形パレット」では「 % 」も「単位」として使用できます。

[Option]+[command]+[return](Mac)、[Alt]+[ctrl]+[Enter](Win)でコピーとなります。

win
mac

基準を「中心」以外で拡大・縮小させたい。

「変形」−「拡大・縮小」では基準が「中心」となります。
「変形パレット」で希望する基準を選択し、W(横)、H(縦)の入力ボックスに数値を入力します。
「 % 」も「単位」として使用できます。
「オブジェクトを縦横比を変えずに「%比率」でなく「寸法」で拡大・縮小したい。」も参考にしてください。
win
mac

たくさんある文字列だけを一括で選択したい。

ver.10からは「選択」−「オブジェクト」−「テキストオブジェクト」で選択することができます。

ver.9 以前では次のような裏技があります。
1. 文字のあるレイヤーがロックされていればレイヤーのロック解除。
    ロックした文字があれば「すべてのロック解除」。
2. 「編集」−「すべてを選択(Ctrl+A・Command+A)」する。
3. 選択した状態で「文字」−「アウトライン作成(Ctrl+Shift+O・Command+Shift+O)」。
4. 選択を解除。(何もない所をクリック)
5. 「編集」−「アウトライン作成の取り消し(Ctrl+Z・Command+Z)」で文字だけが選択された状態になります。

※アウトラインを作成できないフォントを使用の場合は不可ですので、一時的にアウトライン作成できるフォントに変更してから作業してください。

(2007/5/7)

【文字・フォント関係】  ↑このページトップ
win
mac

写研の文字を使いたい。

写研書体WinでもMacでもインストールされていないFontは使えません。写研出力したものをスキャナーで取り込んで使うしかないでしょう。著作権の問題もあると思いますが、写研の文字Fontを作ってしまうという方法もあります。

win
mac

「新ゴ」や「じゅん」はテンキーから数字を入力すると全角幅? キーボードの上にある数字を「かな/カナ」で入力すると半角幅?



フォントは簡単に言えば、「TimeNewRoman」や「Helvetica」のように「欧文」を表示するための「欧文Font」、「MS明朝」や「リュウミンL-KL」のように「日本語とその日本語専用の欧文(幅の狭い記号と幅の狭いカタカナ)を含む」を表示するための「和文Font」の2種類があります。
「欧文Font」と「和文Fontの日本語専用の欧文部分」は、これらの文字が登録されているコードの位置から「半角文字」、「1バイト文字」、「ANK文字」などとも呼ばれます。
そして、「和文用Font」の欧文以外の部分(ひらがな、かたかな、漢字など)は、「日本語」、「全角文字」、「2バイト文字」などとと呼ばれます。
OCF/CID/newCID「新ゴ」や「じゅん」はキーボードの上にある数字を「かな」で入力すると「日本語」として入力されますが、その数字のデザイン的に幅が狭くなっています。逆にテンキーからは「欧文」として入力されますが、デザイン的に幅が狭く作られているだけです。
幅が広いから「日本語」で、幅が狭いから「欧文」というわけではありません。どこのコードの位置に登録されている文字を使ったかで区別されます。

モリサワのOTF(オープンタイプフォント)の「新ゴ」や「じゅん」などでは日本語数字のデザインが幅広に変更されています。
(2007/5/8)
win
mac

「いられ」7・8でインストールした覚えのないTimes-RomanやHelveticaのType1(PS Font)が使えるのはなぜ。

Windows
起動ドライブ:\Program Files\Common Files\Adobe\Fonts\Reqrd\Base
Macintosh
起動ディスク / システムフォルダ / アプリケーションサポート / Adobe /
Fonts / Reqrd / Base
にFontがインストールされています。
上記のフォルダにType1 FontをコピーすればATMを組み込んでなくても、「いられ」で使うことができます。

Illustrator には標準でインストールされない「PostScript欧文フォント」が付いてきます。しかしバージョンによって付属している欧文フォントが違います。

Illustrator 付属欧文フォント一覧
(2007/5/8)
win

WinでモリサワFontを使いたい。(8以前)

  1. OpenType Fontが世に出る前、Windowsでも「モリサワ」フォントが使えるように作られた低解像度の「モリサワ」のA-CIDのフォントです。
    モリサワのViewFontを使う。(2002年12月末日をもって出荷終了となりました。)
  2. 「いられ」でモリサワFontを使ったデータファイルをオープンしてあれば、他のデータでもそのFontを使うことができます。(「いられ」CDのフォント\プリンタ書体出力\お読みください.wri 参照してください。)ただし、Font名の最後に”*”が付いています。また、表示もWinの標準Font(MS_Gothic)に置き換えられ、欧文はその標準Fontのピッチとなります。和文の「詰め」はOCFフォントと同じ「いられ」のPlug_inの詰め情報が使われます。
    フォントをプリントするにはモリサワフォント内蔵のPSプリンタが必須となります。
(2007/5/8)
win
mac

モリサワViewFontを使えばMac「いられ」とWin「いられ」は完全互換?

残念ながら完全互換という訳にはいきません。同じフォントでも「欧文」の扱い方がまったく違います。
その辺をちゃんと理解してMac側とWin側で注意し合えば、ほぼ互換をとることができます。
ViewFont使用の注意点

win

Win「いられ」で外字Font(.tte)が表示されない。

外字Fontは「いられ」では表示できない仕様のようです。その外字部を含むTrueTypeFontを使う必要があります。
TTEditというTrueType作成ソフトを使えば外字部を含むTrueTypeFontも作成できます。
武蔵システム TTEdit  http://musashi.or.tv/
データの互換を考えるなら、欧文・シンボルフォントで作成してほうがいいと思います。
win
mac

文章中に作字、マークなどが多く出てくる。

文章中に作字やマークを入れるとなると別組みになり、校正で文字が送られたりすると修正が大変です。作字やマークなど用のFontを作ってみてはどうでしょうか。
Fontgrapher(製品 Win/Mac)、TTEdit(シェアウエア Win)などで比較的簡単に作ることができます。Mac、Winの双方向への変換プログラムもあります。
Fontgrapher(欧文・シンボルフォント)(TrueType/PS)
http://www.macromedia.com/jp/software/fontographer/
TTEdit(和文・欧文・シンボルフォント)(Win TrueType)
http://musashi.or.tv/
TransType(Mac ←→ Win)(TrueType/PS)
http://www.fontlab.com/
欧文・シンボルフォントで作成すればサイズも小さいし、出力センターにも簡単に持っていけます。
win
mac

「À」「à」「ß」「Ç」「ç」などの文字がうまく入力できない。

ver.CS以降では「字形パレット」からフォントを選択して希望の文字を確認して入力できます。

ver.10以前では
これらの文字は入力する前に、『必ず』「これらの文字が含まれている欧文フォント」を指定して下さい。「欧文フォント」を指定していないと「半角カタカナ」になったり、「文字化け」してしまいます。

winの場合は、日本語入力をオフにした状態で[Alt]キーを押しながら下表の数字3桁を入力します。
「À」→ [Alt]+192。「à」→ [Alt]+224。「ß」→ [Alt]+223。
「Ç」→ [Alt]+199。「ç」→ [Alt]+231
となります。
「文字コード表」(CHARMAP.EXE)でフォントの文字の確認ができます。
128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143
 ƒ ˆ Š Œ  Ž 
144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159
 ˜ š œ  ž Ÿ
160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175
  ¡ ¢ £ ¤ ¥ ¦ § ¨ © ª « ¬ ­ ® ¯
176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191
° ± ² ³ ´ µ · ¸ ¹ º » ¼ ½ ¾ ¿
192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207
À Á Â Ã Ä Å Æ Ç È É Ê Ë Ì Í Î Ï
208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223
Ð Ñ Ò Ó Ô Õ Ö × Ø Ù Ú Û Ü Ý Þ ß
224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239
à á â ã ä å æ ç è é ê ë ì í î ï
240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255
ð ñ ò ó ô õ ö ÷ ø ù ú û ü ý þ ÿ

OSとIMEによってはこの方法で入力できない文字があるようです。
私の以前の環境Windows Meでは、MS-IME2002だと [Alt]+「***」の入力できていたのですが、OSをWindows XPに変えてから水色部分の文字が入力できなくなってしまいました。

また、ATOK16では上記の方法ではまったく入力できませんでした。
ATOK16でいろいろと試した結果、「文字パレット」の「欧文コード表」から入力したい文字を選択した状態で(反転させた状態)で「編集」−「コピー」(Ctrl+C)して、Illustrator にペーストで入力(水色部分も)できました。

上記の表をIllustratorで作成しました。
この上記表のデータから使いたい文字をコピー、ペーストすれば水色部分の文字も使えます。
上記の表のだけでなく「32」(スペース)から「127」までを追加しました。
データは「欧文フォント」のJIS、シフトJISコードの範囲のみです。

フォントを「シンボルフォント」等に変更すれば、文字の形を確認することができます。


tokushumoji.zipのダウンロード
tokushumoji.ai=Illustrator 8.01作成、ver.5 形式保存)

macの場合は「キー配列」で文字を確認して入力して下さい。
「Á」
→[Option]+ e →[Shift]+ a 。
「À」→[Option]+ _ →[Shift]+ a 。
「Â」→[Option]+ i →[Shift]+ a 。
「Ã」→[Option]+ n →[Shift]+ a 。
「Ä」→[Option]+ u →[Shift]+ a 。
win

Windows版Illustrator 8と9で「ゴシック MB101ファミリー」の詰めが利かない。

Windows版のIllustrator Ver.8とVer.9で、モリサワ23書体のうち、「ゴシックMB101 B」、「ゴシックMB101 H」、「ゴシックMB101 U」の3フォントだけ他国語オプションの「詰め」のチェックを入れても詰まりません。
これは、「Illustrator.exe」(イラストレーター実行ファイル)の中に書かれている「詰めプラグイン(SBX)」で使う「ゴシック MB101ファミリー」の名前が抜けているためだと思われます。

「Illustrator.exe」をバイナリエディタで眺めていたら「SBX」の詰めプラグインのフォントの名前がズラズラと並んでいましたが、例の3書体の名前が見つかりません。試しに、そこに並んでいた「平成角ゴW3、W5、W7」のフォント名を「ゴシック MB101B、H、U」に書き換えてみたら、3書体とも「詰め」が利くようになりました。
他で、Ver.9も同じように書き換えてみたところ「詰め」が利くようになりました。

Ver.8はサポートも終わっていますし、Ver.9はもう販売されていないので・・・。

Microsoft Excel 2000 を使ってWindows版の Illustrator.exe v8.01 と v9.02の詰め書体名の書き換えの illust_tsume.xls(マクロ)を作ってみました。
モリサワViewFontや仮想フォントを使用している方は、
自己責任で、試して見て下さい。
illust_tsume.zipのダウンロード
win

Wordなどで使える「麗流隷書」フォントがIllustratorのフォントメニューにありません。

「麗流隷書」フォントはHPを見ていると結構人気のあるフォントらしいです。
しかし、Illustratorでは使うことができません。
理由はIllustratorのフォントは「英文」のPostScriptネームで管理しているのに対し、このフォントのPostScriptネームが「日本語」になっているためです。
もちろん、フォントの管理を「日本語」で行っているアプリケーション(Word・corelDRAWなど)では表示、編集ができます。
なぜ、このような仕様になっているのかは不明ですが、私のPCの中をざっと調べたところでPostScriptネームが日本語になっているフォントは
「麗流隷書」「恋文ペン字」「有澤行書」
「有澤太楷書」「有澤楷書」「ふみゴシック」
「魚石行書」「fsイラスト94」「富士ポップ」
と9つありました。
「麗流隷書」をIllustratorで使えるようするにはPostScriptネームの日本語を英文に変更しなければなりません。
直接フォントを開いて修正するわけにはいかないので、以下の方法で暫定的に使うことができます。

「麗流隷書」が既にインストールされている場合は、
 C:\Program Files\Common Files\Adobe\TypeSpt
 のフォルダにある「AdobeFnt.lst」(ver.8 9)をエディタなどで開き、
 「FontName:麗流隷書」とある行を探して、
 「FontName:Reishoreiryu」に書き換え保存します。
インストールされていない場合は、
「麗流隷書」をインストールして、一度Illustratorを起動した後に行ってください。これで「麗流隷書」を使うことができるようになっていると思います。

この方法では、もちろん、この書き換えを行ったPCでしか使えません。
ver.10では「Adobefnt05.lst」になるのでしょうか、確認できていません。
フォントの追加などで「AdobeFnt.lst」が書き換えられたときに「FontName:麗流隷書」に戻ってしまうことがあります。
その場合はその都度書き換える必要があります。

その他の方法

「麗流隷書」フォントは「筆ぐるめ」にバンドルされているようですが、著作権者が「(C)1995 BRIDGE INC.」となっています。
私の所有している「筆まめ」にバンドルされている「HG高橋隷書体」は著作権者「(C)2000 data:株式会社リコー typeface:(株)ブリッジ」となっており、比べてみると同じフォントのようです。
「HG高橋隷書体」は「麗流隷書」をリメイクしたものではないでしょうか。
もちろん、Illustrator でも使用できます。
このフォントは「リコー」でも買うことができますし、「筆王」なんかにもバンドルされているようです。
(2007/5/8)
win
mac

テキスト文字列中でアルファベットのみ欧文フォントに変更したい。
(例:日本語=中ゴシック、アルファベット=Helvetica)

Illustrator には「MSワード」のように日本語と欧文を別々に指定するフォントメニューはありません。
アルファベットのみ欧文フォントに変更したいテキストを選択し、最初にフォントを「中ゴシック」に変更します。アルファベット欧文も「中ゴシック」となってしまいます。
『その後』テキストが選択された状態で、もう一度、欧文フォント「Helvetica」に変更します。
アルファベットのみ欧文フォント「Helvetica」になります。
フォント変更の順番に注意です。半角の数字も欧文扱いですので「Helvetica」になってしまいます。
他の日本語を扱えるソフトでも同様の方法で欧文のみの変更が可能だと思います。


もっと簡単な方法は、取り敢えず「中ゴシック」で組んでから、最後に「文字」−「フォントの検索・置換」で「中ゴシック」を「Helvetica」に置き換える方法です。日本語部分はそのままで欧文のみ「Helvetica」に置き換わります。
(2007/5/8)
mac

リュウミンM-KLで「」を入力すると「」になってしまう。

OpenTypeフォント・NewCIDフォントが発売された現在でもOCFフォントを使っている人は多いみたいです。
モリサワOCFフォントリュウミンM-KLで「」の文字が「」で表示されることがあります。
これはフォント作成時のミスだと思われます。この件に関しては、リリース直後に発覚し正規登録ユーザには、修正版が送られたそうです。
」の文字が「」で表示されるフォントをお使いの方は確認してみて下さい。

1997年6月の時点で以下の文字改訂があり、OpenTypeフォント・NewCIDフォントではいろいろと改訂されているそうです。

OCFフォントをお使いの方はモリサワのサイトに改訂文字リストがありましたのでチェックしてみて下さい。
線が足りなかったり、余分だったり、位置が移動があったり、デザインの変更があったりといろいろです。

改訂文字
太ゴB101 柔 瓮 け げ 舞 荘 檐 絨 褫 贏 鼬
太ミンA101 頑 荘 菟 闌
新正楷書CBSK1 齡 減 藜 蠧 荘 闃
新ゴL 谺 贏
新ゴR
新ゴM 剤 撰 牌 榔 苣 莽 蔗 贏
新ゴB ウ 撰 牌 籾 榔 苣 莽 蔗 贏
新ゴU 羮 撰 牌 榔 苣 莽 蔗 贏
リュウミンM-KL
リュウミンB-KL 蝪 榔
リュウミンH-KL
リュウミンU-KL
じゅん101 直 壺 寐 檐 瑟 褫 豁 釁 鯱 鼬 齧
じゅん34 寐 檐 瑟 釁 齧
じゅん501 寐 檐 瑟 釁 齧
見出ミンMA31 a 窪 這 簸 灘 寐 檐 殪 殲 瑟 裨 闌
見出ゴMB31 ポ 晢 疣 荘 菟 灘 鑓 漣 檐 瑟 龝 鼬


【ファイル関係】  ↑このページトップ
win

通信で送られてきた「いられ」のデータが開かない。

「いられ」を起動してから、「ファイル」−「開く」。または、「いられ」のデータのアンコンを「いられ」にドラッグを試してみて下さい。 送り先がMacで受け手がWinの場合、拡張子(.ai)がないとダブルクリックで開きません。 または、Macで「いられ」のデータだという情報がデータの先頭部分に書き込まれている(マックバイナリー)こともあります。 マックバイナリーを除去するプログラムなどを試して下さい。
http://www.lufia.com/
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an010530.html
win
mac

Mac「いられ」のデータをWin「いられ」でオープンするとリンクされた画像が見つからない。

Winでは「いられ」ファイル形式を拡張子(.ai)で認識しています。Macの場合ファイルの先頭部分にマックバイナリー(Creator+FileType)で書き込まれていて拡張子はなくても認識できます。そのため「Macつかい」は“ふつう”は拡張子をつけないでデータ、画像ファイルを作成します。「Winつかい」がそのデータを「RINGOWIN」や「MacDrive」などのソフトを使ってMacのデータをWinに変換すると、ソフトがそのファイル形式の拡張子を自動的につけてWinでも読めるようにしてくれます。そこで「いられ」のデータにリンク情報として書き込まれている画像ファイル名とMacからWinに変換した拡張子のついたファイル名が別名ファイルとなり「見つからない」となります。 MacとWinでデータのやりとりをする場合はMac側でも画像ファイルには拡張子をつけることをお薦めします。
Photoshop5からは「ファイル−環境設定−ファイルの保存−ファイル拡張子」の項目で設定できます。

代表的な拡張子を挙げておきます。
Illustrator ai Quicktime movie mov
Bitmap image file bmp MPEG movie mpg
CorelDRAW cdr PageMaker 6.5 document p65
Corel PHOTO-PAINT cpt Acrobat document pdf
MS Word doc PageMaker 6.0 document pm6
AutoCAD dwg PNG image file png
SMIEDICOLOR 5 ed5 MS PowerPoint ppt
SMIEDICOLOR 6 ed6 Photoshop psd
Illustrator EPS image eps Pixar image file pxr
Photoshop EPS image eps Quark 3.2 document qxd
win実行ファイル exe Rich Text Format file rtf
FreeHand 9.0 document fh9 StuffIt archive sit
FrameMaker 5 fm5 TIFF image tif
GIF image gif Temporary file tmp
GZIP archive gz Text file txt
BinHex file hqx MoviePlayer WAV file wav
HTML document html Lotus WK4 spreadsheet wk4
InDesign document indd MS Excel xls
JPEG image file jpg ZipIt archive zip
LZH lzh

mac

MacでDOSのフロッピーやMOに保存したファイル名が変わってしまう。

Winではファイル名には“\ / : * ? " < > |”が使えません。“ .”(ピリオド)は拡張子の区切りとして使われるのでファイル名の最初と最後には使えません。
Macで上記の文字がファイル名に使われている場合、他の文字に置き換えられるか、削除されて別のファイル名になってしまいます。「いられ」のデータの中に記されたリンクされたファイル名は当然そのままです。
また、Winではファイル名で欧文(半角)文字で255文字(日本語では127文字)まで使えますが、Macでは31文字(日本語では15文字)です。
win
mac

圧縮ファイルを解凍できない。

圧縮ファイルが壊れているか、解凍ソフトがインストールされていないと思われます。
その圧縮ファイルはどんな圧縮ソフトを使って圧縮したかを確認して下さい。
圧縮ファイルにはいろんな種類があります。それに対応した解凍ソフトがなければ開くことはできません。
また、ダブルクリックするだけで解凍してくれる自己解凍型の圧縮ファイルもありますが、Mac用自己解凍型(filename.sea)のものをWinでダブルクリック、または、Win用自己解凍型(filename.exe)のものをMacでダブルクリックしても、解凍ソフトが対応していなければ解凍はできません。
圧縮ファイルでデータのやりとりをする場合は「相手の環境」をちゃんと確認した上で行ってください。StuffIt(Mac/Win)か(mac)Lha(Mac/Win)がお薦めです。

【一般的な圧縮解凍ソフト】
Conpact Pro(Mac)←Winでは解凍用のフソトを見つけられませんでした。
StuffIt(Mac/Win)
(mac)Lha(Mac/Win)
Zip(Win)
下記よりダウンロードできます。
http://www.vector.co.jp/vpack/pickup/mac/util/arc/
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/arc/
  ↑このページトップ