MacとWindowsでモリサワフォントを使用した場合の注意点

Windows Illustrator Mac Illustrator
ViewFont 仮想Font(MSゴシック) NewCID OCF
メッシュサイズ 50ドット換算 MSゴシック(代用) 1000ドット換算
付属欧文 半角固定 半角固定 プロポーショナル プロポーショナル
文字セット 90ms-RKSJ-H(V) 90ms-RKSJ-H(V) 83pv-RKSJ-H 83pv-RKSJ-H
拡張文字
(IBM外字)
対応 対応 未対応
(Biblos外字等)
未対応
(Biblos外字等)
異体字切り替え 未対応 未対応 対応 対応
詰め情報 なし
(Illusrratorの持つ
詰め情報使用)
なし
(Illusrratorの持つ
詰め情報使用)
あり
(フォントの持つ
詰め情報使用)
なし
(Illusrratorの持つ
詰め情報使用)
PDFへのEmbed 不可 不可 不可
アウトラインの抽出 可(粗) 可(MSゴシック) 不可

●Mac Illustratorでモリサワフォントを使用すると、NewCID or OCFフォントのデータとして保存されます。
Illustratorのデータはフォントは英語名で保存される。
(CID)A-CID 新ゴB → ShinGo-Bold-83pv-RKSJ-H(PostScript name文字セット)
(OCF) 新ゴB → ShinGo-Bold-83pv-RKSJ-H(PostScript name文字セット)
(画面表示)
●Windows Illustratorでモリサワフォントを使用すると、ViewFontのデータとして保存されます。
ViewFontがない場合は、ShinGo-Bold*というフォント名で代用フォントが使用される。
A-CID 新ゴB → ShinGo-Bold-90ms-RKSJ-H(縦組はRKSJ-V)(PostScript name文字セット)
ShinGo-Bold* → ShinGo-Bold-90ms-RKSJ-H(縦組はRKSJ-V)(PostScript name文字セット)
(画面表示)
●Mac Illustratorでモリサワフォントを使用したデータ(AI or EPS)をWindows Illustratorで開くと
ShinGo-Bold-83pv-RKSJ-H → ShinGo-Bold-90ms-RKSJ-Hのフォントの置き換えが起こり、欧文は半角固定となります。
 置換→ (画面表示)
●Windows Illustratorでモリサワフォントを使用したデータ(AI or EPS)をMac Illustratorで開くと
ShinGo-Bold-90ms-RKSJ-H → ShinGo-Bold-83pv-RKSJ-Hのフォントの置き換えが起こり、欧文はプロポーショナルとなります。
 置換→ (画面表示)
Mac Illustratorでモリサワフォントを使用したデータをEPS形式で出力した場合
フォントはShinGo-Bold-83pv-RKSJ-Hのまま保存され、リンクで貼りこみされたEPSデータをフォントを搭載したプリンター、イメージセッター等で 出力した場合は「83pv-RKSJ-H」のフォント情報がそのまま使われて、WindowsでもMacでも欧文はプロポーショナルとなります。Illustratorの配置でEPSデータを埋め込んだ場合は、フォントの置換えが起こります。
(出力)
Windows Illustratorでモリサワフォントを使用したデータをEPS形式で出力した場合
フォントはShinGo-Bold-90ms-RKSJ-H(V)のまま保存され、リンクで貼りこみされたEPSデータをフォントを搭載したプリンター、イメージセッター等で出力した場合は「90ms-RKSJ-H(V)」のフォント情報がそのまま使われて、WindowsでもMacでも欧文は半角固定となります。Illustratorの配置でEPSデータを埋め込んだ場合は、フォントの置換えが起こります。
 → (出力)
★Windows IllustratorとMac Illustratorのデータ互換を考えるならば、
モリサワ和文フォントの欧文は使わずに、ViewFontに付いてくる26書体PC欧文をWindowsとMacにインストールして独立した欧文として使う。または、WindowsとMacのIllustratorで標準で付いてくる同じATM欧文フォントを使う。最終的に出力に使用するマシンで調整確認することが必要です。
(出力)