エディカラー奮闘記 2002/10/17 トップページへ
2002/2/19〜2002/3/7の掲示板への書込みの内容をまとめたものです。
写研手動機の時代から写研電算のバッチコーディングを経て、写研電算「みえ吉」「くみ子」を使って続いている「ある高校の入学試験問題(国語・数学・英語)」を、Windows版エディカラー5で作業し、納品まで終わりましたのでその経過を昨年度まで使っていた写研組版ソフト「くみ子」と比較しながら書いてみたいと思います。


●いきさつ

今までは1ページずつ印画紙出力しての納品だったが、『今回からは、できれば面付けまでやって欲しい。またデータ納品になるかもしれない』との注文からIllustratorでやろうかといろいろと悩んだ結果、Windows版エディカラー5を使うことにしました。
次年度もこの仕事があるかどうかも分からない状況なのと、エディカラーは知り合いのところで見せてもらって「写研」の組みとそんなに違和感がない感じがするし、「体験版」である程度使い方が分かっていたのと、評価版(1月末日まで)と「90日間トライアル」を入手してあり、4月末まではエディカラーが使える。その間にバージョンアップがあるだろうから、実際に作業してみて、それから購入するかどうかを決めればいいという考えからです。

※2月に入って「エディカラー6」の乗換えキャンペーンで「エディカラー5」と「エディカラー6」の製品版もちゃんと購入しております。


●最初に本文フォントは何にするか?

今まで「写研」環境で作業したときは、「国語・数学・英語」とも本文は「石井中明朝体NKL」を使っていたのでそれに近いフォントで、AFM機能を使ってモリサワの「リュウミンR」も考えたのだが、うちにある非PSプリンターで校正がだせるという理由で「ヒラギノ明朝体3(TrueType)」を使うことに決定しました。
けれど、「ヒラギノ明朝体」の音引き「ー」の形がなんか変。なんか尻切れトンボみたいな感じでちょっと違和感がある。クレームをつけられるのが怖い。
エディカラーでは写研のように「漢字」「かな」「欧文」「数字」を別々のフォントを指定できるので、TTEdit(TrueType Font Editer)で「ヒラギノ明朝体3」の「かな」文字部分だけのフォントを作成し「ちょっと違和感のある音引きの箇所」を自分で修正し、組み合わせて使うことに決定。


●「国語」

最初は「国語」の文字入力。
設問の「次の文章を読んで……」の部分はほとんどが本からの引用(コピー)なので「読んでココ」で文字取得。「読んでココ」の新しいバージョンでは認識結果と認識部分の元画像を連動表示させることができるようになったので、その場で校正もしてしまう。
残りは手書き原稿を入力。
出来上がったテキストを「一太郎」で開き、 文書校正「修太」でチェック。
昨年使った「くみ子」の「国語」データの書式ページを「EDI.exe」でタグ書き出しし、それをマスターページとして流用(新規に作ってもたいした手間ではないが)。あと、ページを発生させてテキストを流し込む。ここまでは「くみ子」と同様の作業。

あとは、以下の処理をしていきます。「くみ子」ではテキストの段階である程度埋め込みファンクションで処理してからテキストを流し込んでいたのですが、今回はまだエディカラーの「タグ」に慣れていないので手作業でやることにしました。
 ★ルビ
 ★問答・字下げ
 ★合成記号(・・・など)
 ★アンダーライン
 ★そのアンダーラインの上につく記号
 ★「穴埋め問題」などに使われる本文と一緒に流れる巻き罫


★ルビ

「ルビ」はルビを振りたい文字列を選択し、「書式」の「ルビ」で設定。
「ルビ」で使える文字は「フォント」登録されている文字なら何でも使える(かな・カナ・漢字・欧文・記号……)。
ルビに変形率を指定できるので「2字ルビ」と「3字ルビ」も使い分けることもできます。
「テキスト取込」時にテキストに自動でルビを振って取り込むこともできます。ただし、エディカラーが持っている辞書にない単語のルビ文字は「〓」となってしまいます。
最初からテキストに「タグ」で書き込んでおくこともできます。
マニュアルには「東京都」にルビを振る場合、
<RBY CHAR="とう" WS=100.0 POS=C>東</RBY><RBY CHAR="きょう" WS=100.0 POS=C>京</RBY><RBY CHAR="と" WS=100.0 POS=C>都</RBY>
となっていますが、
<RUBY CHAR="東","とう"><RUBY CHAR="京","きょう"><RUBY CHAR="都","と">
という書き方でもOKです。「位置」、「変形」などは「文字枠設定」が使われます。これは前のバージョンの書き方だそうです。
「中つき」の「2字ルビ」を使うので<RUBY CHAR="京","きょう">のように漢字1つに3文字のルビの使用して文字間が調整されて送られても「くみ子」のように「出力するまで分からない」のと違って、確認できるのは精神的に余裕ができます。単語で選択しても「区切り文字」を入れることでモノルビにすることもできます。「東京都」を選択し、「ルビ」で「とう\きょう\と」と入力すれば「東」に「とう」、「京」に「きょう」、「都」に「と」となります。

★字下げ・問答

「くみ子」では「字下げ」はサポートされていませんが、エディカラーでは「書式」−「字下げ」−「行頭余白」で段落の全体の字下げができます。
エディカラーには「問答」という機能がありませんが、これも「字下げ」機能を使います。
「書式」−「字下げ」−「行頭余白」で段落の全体の字下げを決め、「字下げ幅」に字下げ分にマイナスを掛けた数値を入力します。エディカラーでは段落の1行目だけでなく、5行目まてで設定できます。「字下げ」部分を選択しておいて「スペック登録」すれば、他の段落にも簡単に「スペック」を「適用」して「字下げ」させることが出来ます。逆をいえば「スペック」に登録しなければ「Illustrator」のスポイトツール、「MS Word」の属性のコピーのようにはできないということです。
問答は「Illustrator」でも「段落設定」→「インデント(左)」=「行頭余白」、「1行目の左インデント」=「字下げ幅」でできます。Illustratorでは使っている人は意外と少ないみたいです。
「MS Word」や「一太郎」とは「字下げ(インデント)」の使い方がちょっと違いますが考え方が一緒なので理解はしやすかったです。

★合成記号(・・・など)

エディカラーには「SMI外字」「SMI外字飾り罫」「EdigaiMinIwata」「EdiGaiGoIwata」のフォントが標準装備されています。
「SMI外字」には、「写研の記号2外字」にある記号や「丸付き数字」、「四角付き数字」、「括弧付き数字」等、「EdigaiMinIwata、EdiGaiGoIwata」には、ビブロス外字に相当する文字、記号が収納されています。しかし、細明朝(?)と中ゴシック(?)しかないので「文字合成」を使うことにしました。これは「写研」の「合成」とほとんど一緒なのですんなりクリア。合成用の「( )」「○」は「SMI外字」「EdigaiMinIwata」「EdiGaiGoIwata」にあります。

★アンダーライン

エディカラーには「アンダーライン」という機能はありません。「線飾り」を使います。
「アンダーライン」を引きたい文字列を選択し、「線飾り」で、タテ組なら「上線」、ヨコ組なら「下線」を選択し、文字からどれ位離すか「オフセット」で「%」指定します。「線種」はディフォルトでは「実線(0.12mm)」となりますが、他の太さを使用する場合は「パレット呼出し」で新規に線種を登録する必要があります。また、線の太さだけでなく「SMI外字飾り罫」フォントや他のフォントを使って「飾り罫」も登録できます。
登録した「線種」は「線飾り」だけでなく普通の罫線にも適用できます。
今回はブル罫(波罫)のアンダーラインもあったので「SMI外字飾り罫」のブル罫を登録し適用。そして「スペック登録」。「くみ子」ではブル罫を見た目で配置できなかったのでブル罫部分は「振り分け」を使ってやっていた。それに比べればブル罫のアンダーラインも楽勝。

★そのアンダーラインの上につく記号

設問で「傍線(あ)は……」となっていて、アンダーラインの上には必ず「(あ)」のような記号が付く。
タテ組、本文 16Q でアンダーラインの上に付く記号を 10Q として(あ)とすると、
1. アンダーラインの文字列の前に、「SMI外字」の「( )」と「あ」入力。
2. 「あ」を幅70%。(適当に調整して)
3. 「( )」と「あ」を選択し、「文字合成設定」−合わせ:「中央合わせ」、文字揃え:「中央揃え」、組方向は「縦組固定」、後文字のサイズ変更「なし」。
4. 文字が選択状態のまま、ステータスパレットより文字シフトを100%。サイズを10Qに。
5. 文字が選択状態のまま、「書式」−「合わせ・行取り」で「上(右)合わせ」。
6. 文字が選択状態のまま、「スペック登録」。
あとは、1. 2. 3.を実行した文字列に「スペック」を適用。
これも「くみ子」では「振り分け」「データ制御」を駆使して処理していたが、エディカラーでは拍子抜け。

★「穴埋め問題」などに使われる本文と一緒に流れる巻き罫

これは、インラインオブジェクトを使いました。
まず、「本文と一緒に流れる巻き罫(四角形)」を描き、「オブジェクト」−「変換」−「文字枠へ」を実行し、「文字枠設定(文字)」で文字揃え「中央揃え」、行揃え「中央揃え」(文字が中央に入るように。インラインオブジェクトは選択しにくいのでダミーの文字を入れておくと後の作業がやりやすい)。この文字枠を「コピー」して、「編集」−「インラインオブジェクト作成」。前後に少しスペースを入れたほうが見やすい。
「くみ子」では「字取りファンクション」でしっかり括って置いて、その中で「合成用巻き罫」で処理していた。

●表紙ページ 

 あとは表紙ページ。これは「くみ子」の前回のデータと年度が変わるだけで後は同じ。飾り罫が使ってあるけれど「SMI外字」に同じような飾りがあるので、EDI.exeでタグ書き出しでそのままエディカラーへ。「飾り罫」を「SMI外字」のものに変え、フォントを変更。
とりあえず、「国語」は終わり。これまでの作業時間も短縮できた。
プリンターで出力。自分のところでプリントできるのがうれしい。


●バグ?

が、よく見てみると「ブル罫」アンダーラインがおかしい! 画面もプリントアウトもブル罫の波の間隔がページによって違う!! 同じスペックを適用したのに、なんで。
いろいろと調べて、2文字に「ブル罫」をつけたものがおかしい。3文字以上は正常ということを発見。バグ? 「ブル罫」を「線」として使ったのがいけないらしい。仕方がないので、『2文字の「ブル罫」部分』を、「ブル罫」を「線」ではなく「文字」として、インラインオブジェクトで組んで挿入することで解決。

後で、エディカラーサポートに報告すると、
 > 波線を文字で表現している関係で上記のよう動きをしております。
 > ご迷惑をおかけいたしたしますが別文字枠にてお願い申し上げます。
という丁寧な返事が届きました。


後になって気がついたのですが、画面表示ではブル罫の間隔が狭くなっているが、EPSで書き出したデータで確認してみると右図の緑枠内のように2文字でも正常に出力されているようです。


●数学

高校に入るための試験(中学生が受験)ですから難しい数式記号は出てきません。
一番の問題は「」をどのように組むかということでした。
手動機(PAVO)で組んでいたときにこの「」とイタリック欧文を文字盤「R-2」、立体欧文文字盤「R-1」、数字は文字盤「CFA」。その時、特に「」の形を高校の数学の先生が気に入ったらしく、この形でないと「ダメ」なんだそうです。

 ← Microsoft数式エディタ
 ← JS数式作成

「くみ子」でやるようになっても「」の形を罫線(ファンクション)で引き、「くみ子」ではサポートしていない「振り分け」と「データ制御」を使って処理してきました。
立体欧文、イタリック欧文、数字と書体が変わるし、「インデックス」「振り分け」「データ制御」を使っているので文字列の長さもよくわからない。
問題に必ず「図」や「グラフ」が入るためそのスペースもとらなければならない。
そこで、以前から「数学」だけでもWYSIWYGで組めないか研究を続けていました。
結果、下記のように「欧文フォント」をTTEditにて作成。
 ◎ 「!"#$」は数式では使わないので、この部分に「」。
 ◎ 欧文の小文字は「イタリック」。
 ◎ 欧文の大文字、数字は「立体」。
 ◎ 「+-*/=<>」は全角幅「+−×÷=<>」 など。
エディカラーでは「文字合成」と「インラインオブジェクト」でなんとかできそうなので挑戦することにしました。
 ★(ルート記号)
 ★分数
 ★図表


(ルート記号)

「!#3$-(!#6$-!#2$)(!#6$+!#2$)/!#3$」と入力し、TTEditにて作成したフォントを指定すると、
」となります。
次の「分数」の中に組んでプリントしてみると「くみ子」データの出力とほぼ同じ。
やったー!!

★分数

「くみ子」の時は、分数も「振り分け」と「データ制御」を使って組みました。
エディカラーでの組み方は「EDICOLORと日本語DTPのためのメーリングリスト」のTips集・No.021、No.022 に書いた通りです。
http://edicolor.jp.org/tips/tips.html
「文字合成」を使うと分数に「文字の直し・訂正」が入ったときに、作業がちょっと面倒です。

「インラインオブジェクト」では、「文字の直し・訂正」が入って行長が変わったときに作業がちょっと面倒。

◎また、行頭以外では「インラインオブジェクト」の上に「中線」がうまく引けないことがあります。
 > 確認しました。障害として今後対応させていただきます。現状では線も
 > 含めてインラインにしていただくしか無いかもしれません。
と、エディカラーサポートから返事をいただいております。


★図表

図やグラフは「Illustrator」で作成。「図」や「グラフ」よりちょっと大きめの四角形(線種0・塗りなし)で囲み、「EPS形式(フォントデータ含む)」で保存。
エディカラーで「画像枠」を作成、「画像取込」。


●プリント

ここでふっと不安になる。エディカラーでは「EPS」貼り込み画像が「プレビュー表示」で解像度が粗い。ウチは非PSプリンタなのでプリントしても粗い画像のまま。フォントも自作フォントでトゥルータイプ。「フォントのダウンロードをすれば出力できる」とあるが、ちゃんと出力できるんだろうか。まだ試したことがなかったことに気がつく。
PSプリンタでプリントできれば大丈夫だろうということで、エディカラーでフォントを全てダウンロードに設定し「EPS書出し」し、書き出された「EPS」ファイルを「Illustrator」に配置(リンク)して、2ヵ所でPSプリンタでプリントしてもらう。Macからの出力、Winからの出力と2ヵ所で試させてもらったがどちらもちゃんとプリントできている。Macからの出力がOKとならば「安く出力」して貰えるところに心当たりがあったのだ。
「PDF」に書き出して、「アクロバット」からプリントすれば、非PSプリンタでも「EPS」貼り込み画像をきれいにプリントできました。


●英語

「くみ子」では欧文「E01-24」を使っていたので、極力それに近いフォントの選択。同じ「Century Oldstyle」という名前が付いていてもいろんな種類があり、フォントメーカーによってデザインにも差があるようだ。
ということは、エディカラーの「生データ」を出力センターに持っていって出力するとき、もし同名の別フォントがあった場合はその別フォントに置き換わってしまうということ? まあ、フォント埋め込みのEPSで出力してもらうんだからいいか・・・。
一番近いと思われるフォントの選択。しかし、「E01-24」と比べると全体が小さく設計されているようなので欧文だけサイズを110%に使用することにした。エディカラーでは「漢字」「かな」「欧文」「数字」を別々のフォントを指定できるし、サイズも%単位だが別々に指定できるのです。
「読んde!!ココ」でテキスト取得、「MS Word」でスペルチェック。「くみ子」の時はここで「sed」を使って欧文のみ「Q上げ」用のファンクションを入れる処理をしていましたが、エディカラーでは「設定」でやりますので不要となります。
アンダーライン等の処理のやり方は「国語」と一緒です。


●欧文禁則

今まで写研の「手動機」「電算写植」では、「!」「?」の前は「4分」スペース、「.」「!」「?」の後は2スペース、「,」の後は1スペースのように教わった記憶があり、ずっとそのように組んできていました。
エディカラーで「禁則の設定」−「行頭禁止文字」に「!」「?」を追加してあるにも関らず、「!」の前にスペースを挿入した途端に「!」が行頭に来てします。前の単語と一緒に選択し「分割禁止」を設定してもダメでした。スペースを削除して「行間・文字間変更設定」で「文字間」「4分」、または「前の単語」+「スペース」+「!」に「空白のグループルビ?」を振ったり等してなんとか誤魔化すことはできました。
しかし、前の単語と一緒に追い出されればいいのですが、追い込まれたとき、または、「.」「!」「?」が行末にかかったときに、行末、または次の行の先頭に1スペース分空いてしまいます。
(以上、エディカラーサポートへ質問)

 > 通常の欧文スペースは行末でぶら下げ吸収されるようになっています。
 > 和文スペースも行頭禁則とぶら下げ文字に入力していただく事で行末に
 > 吸収されますのでお試し下さい。その他の任意空白幅等は禁則等で制御
 > する事ができませんので上記のような不明な動きをしているようです。
(エディカラーサポートからの返事)

今は、「!」「?」の前は空けないで「ベタ」で組むのが一般的になっているようです。「MS Word」でのスペルチェックでも「!」「?」の前にスペースが入っていると「メッセージ」を出してくれます。
「.」「!」「?」の後も1スペースが一般的のようです。2スペースでも「MS Word」でのスペルチェックにはひっかかりません。一昔前、写研の「写植NOW」の中で、「.」の後は「全角空ける」なんて記述があったのと、私が「タイプライター」をやったときのマニュアルに2スペースという記述があったのと、「テレタイプ」をやっていた人の話の中で2スペースということを聞いたこと。また、作業性を考えてそのように思いこんでしまったのかもしれません。

エディカラーでは行末の「スペース」は1個しかぶら下がらないということです。また、ぶら下がった「スペース」にも「線飾り」が適用されてしまいます。


●校正

今までフォントにこだわったのは、「エディカラー」で組んだことで、文字(フォント)が前と違うと「クレーム」がつかないようにするためです。(ここの高校の先生は変なところで「細かく、ウルサイ」といわれていたので)結局、「クレーム」はなかったそうです。
校正は「トンボ」をつけず用紙サイズでプリントし、「二校」の後、面付け出力となります。


●EPSファイル

「ダイレクト印刷」で印刷するらしく、面付けは「A4・32ページ」「2面付け」「中綴じ」で「印画紙出力」となりました。
「東京リスマチック」で出力しようと思っていたのですが、前の事務所の近くの「M印刷」で「A4・2面付け=A3」の印画紙出力料金が「¥1,000」。「東京リスマチック」の料金が「¥1,300(11ページ〜)」。別途に出力代金を請求できるわけではないので「M印刷」で出力することに決定する。
まずは「M印刷」へ確認の電話。
「Windowsの出力はできますか」
「ウチはMacの出力だけなんですが」
「あの〜、EPSファイルなんですけど」
「ちょっと待ってください。詳しい人と替わります」
「どんなデータですか」
「フォント埋め込みのEPSファイルなんですけど」
「それならば大丈夫です。でも、一度、データを確認させて下さい」

最終校正がまだ戻っていなかったので、とりあえず、エディカラーで「数学」の「分数」・「ルート記号」・「図(Illustrator EPS貼込)」があるページを「EPS書き出し(フォントダウンロード)」し、Illustratorで書類サイズA3に、エディカラーで書き出したEPSファイルをファイルを「配置」−「リンク」、数値入力で位置を正確に決め、トンボを付け、IllustratorのAIファイル形式で保存。この3つのファイルをMOにコピーして確認してもらう。
別に問題はないとのことですが、できればIllustratorのAIファイル形式ではなく、「配置画像を含む」「フォントデータを含む」でEPS保存でして、「PageMaker(「M印刷」の場合)」に「配置(リンク)」して出力したほうがトラブルが少ないそうです。プラットホームの違い、環境の違いも影響するんでしょう。もちろん、「PageMaker」で「トンボ」も付けられます。そういれば「EPS形式」ならば出力料金を安くする出力センターがあったことを思い出しました。Illustratorで1ファイルずつ「開いて」出力するよりも作業性がいいんでしょうね。


●面付け

「面付け」も1ページ当たり¥100でやってくれるとのことですが、今回は「2面付け・中綴じ」で、簡単にできそうなので自分で「面付け」をことにする。
エディカラー自体に「面付け」機能があれば一番いいのですが・・・。
エディカラーで「国語」「数学」「英語」のデータを全てEPS(フォントダウンロード)で書き出す。
「A4・32ページ」「2面付け」なので、新規に「A3」サイズの用紙に「A4」サイズの「画像枠」を2個並べて、16ページ作成。
あとは画像枠に、書き出した「国語」「数学」「英語」のEPSファイルを「画像取り込み」で 32−1、2−31、30−3、4−29 …… 14−19、18−15、16−17 と順番に取り込んでいく。「国語」だけは縦組で用紙方向が違ったので「画像(EPS)を90度回転」させて出来上がり。「面付け」したデータを「EPS書き出し」。リンクファイルは「EPS」ファイルに埋めこまれているので、16個のファイルのMOにコピーし「M印刷」へ持参。無事、印画紙出力が終了。

と思いきや落とし穴が・・・。
1箇所だけ使った「文字飾り」の「縁文字」がベタに塗り潰されている。

EDICOL5のフォルダにある「制限事項.txt」の一文。
> ●文字飾り機能の制限
>  ・文字飾りで「文字面種:なし」を設定した場合、
>   画面表示は透明にはなりませんが、印字は透明になります。


最初に、一応読んではいたのだがその時は、意味がよくわからなかった。これに引っかかってしまった。非PSプリンタからは画面の通りにプリントされます。
「縁文字」を使う場合は「文字面種:ベタ」「カラー:紙色」を使うこと!!

このほかに、中学校の「国語」「算数」(1次〜4次)、他の高校の「国語」「数学」「英語」(1次、2次)と全部で7つの「試験問題」を同様の方法で出力しましたが「これといった問題もなく」納品できました。



●「電算写植」との出力料金の比較

「電算写植」の料金の比較では昨年の1ページずつトンボ付きで「普通紙出力」3回と「25cm幅印画紙出力」と大体同じ位の出費となりました。
「印画紙出力料金」自体は多少高めになったのですが、「普通紙出力」3回分を外注しないで済ませることができた結果です。また、今回「A4で2面付き」で「電算写植」出力だと「40cm幅印画紙」使用となり、もっと大きな出費となっていたでしょう。


●モリサワフォントで出力

AFM機能を使えば「Mac」エディカラーとの互換がとれる、モリサワフォントでの出力ができるという「売り文句」があるので試してみることに。
「国語」を、AFMフォントの「リュウミンR-KL」「リュウミンM-KL」「B 太ゴ B101」に置換え、EPS書き出し。
事務所のすぐそばにある「kinko’s(キンコーズ)茅場町店」にMOを持ち込み、「セルフコンピュータサービス」でMacを借りてIllustratorでEPSファイルを「配置」−「リンク」してモノクロPSプリンタへデータを送信。
しばらくすると受付の女の人がプリントアウトを持ってきた。
「B 太ゴ B101」以外が全て文字化けしている!! 
もう1枚はPSエラーで出力不可とか・・・。
保有フォントリストを見せてもらうと、なんと「リュウミンR-KL」「リュウミンM-KL」がない。
「『アウトライン』を取ってもらえば出力できます。」と優しくいってもらったが・・・。

「Mac」出力を謳っているところは「モリサワ基本26書体」は揃っていると、全く疑っていなかった。 (事前に確認しましょう)

「kinko’s(キンコーズ)水天宮店」には「リュウミンR-KL」「リュウミンM-KL」があるのを確認してもらって、そのまま「水天宮店」へ。
同じく、Macを借りてIllustratorでEPSファイルを「配置」−「リンク」してモノクロPSプリンタへデータを送信。今度はちゃんと出力。文字化けもないことを確認。