BarCodemake

戻る


【名  称】 BarCmake.exe
【動作環境】 WindowsXP
※Visual Basic 6.0 にて作成。VB6.0 ランタイムをインストールすれば
  他のWindowsバージョンでも動くかも知れません。(未確認)

【名  称】  BarCmake.xls(Excel マクロ)
【動作確認】 Windows Microsoft Excel 2000 / Mac Microsoft Excel 98

【制作者名】 あぷらいと(upright.arai@nifty.com)

 

●はじめに
   このソフトの使用にあたっては自己責任でお願いします。
使用して生じたいかなる損害に対しても、作者は一切責任を負いません。
Microsoft Excel が動作する環境でも使えるようにVBAマクロも同梱することにしました。
なお、当方はMacを所有しておりませんので、細かな検証はできておりません。

●対応バーコード
   JAN13(EAN13)
   一般に流通している商品に使用されているコードです。
欧州統一シンボルEAN、米国統一シンボルUPCと互換性を持って作成されたもので、最初の2桁が日本コードで「49」「45」が使われています。
スーパーなどの社内用のみに対応させたコードとしても使用されています。
書籍のISBNのコードや雑誌コードにも使われています。
 
   JAN8(EAN8)
JAN13コードの短縮バージョンでJTの「タバコ」などに使われています。
 
  ITF14 / ITF16
集合包装で、内容商品の入り数などを示すコードです。梱包用の段ボール箱などによく使われています。
 
  CodaBar(NW7)
宅配便の配送伝票、図書の管理用、郵便書留の管理用など、連番印刷の必要なものによく使われています。
 
  CustomerBar
郵便番号と地番、または郵便番号と整理番号で構成されます。
地番の抜き出し方は郵政省で決めたルールがあります。
「CustomerBar」は住所のテキストボックスに住所を入力後、必ず「コード確認」ボタンでコードを確認してください。
地番等に「漢数字」が使われている場合正しく変換出来ないことがあります。

【地番抜き出しの例】

東京都青梅市河辺町十一丁目六番地一号 郵便タワー601
 --->  11-6-1-601

北海道帯広市稲田町南七線西28
 --->  7-28

茨城県日立市宮田町6丁目7-14 ABCビル2F
 --->  6-7-14-2

茨城県日立市宮田町6丁目7-14 ABCビル2F201号室
 --->  6-7-14-2-201

神戸市中央区港島中町9丁目7-6 郵便シティA棟1F1号
 --->  9-7-6A1-1

京都府綾部市青野町綾部6-7 LプラザB106
 --->  6-7LB106

千葉県鎌ヶ谷市右京塚東3丁目-20-5 郵便・A&bコーポB604号
 --->  3-20-5-B604
カスタマバーコードについての詳細は、郵政省のホームページ、または郵便局で確認してください。

バーコードに付随する文字のフォントは「バーコードリーダー」が読むわけではないので、どんなフォントでも構わないと思うのですが、普通、「OCR」というフォントが使われていることが多いです。
ここでは「OCRB10PitchBT-Regular」を使うように設定していますが、フォントはご自身で用意してお使いください。
バーコードの使い方、用途等についてはご自身で確認してください。
バグなどお気づきの点がありましたら、ぜひお知らせください。
あぷらいと情報交換のページ




 BarCmake.zipダウンロード (2005/4/18)